誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)

  • アスキーメディアワークス
3.77
  • (4)
  • (14)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048709675

作品紹介・あらすじ

校内でも有名な堅物&冷徹な委員長、鈴木未翠。彼女の本当の姿を知ってしまったあの日から、ぼくの隣りにはなぜか委員長そっくりの専属メイドさんが!?そ、そんな委員長!もっともっとメイドがしたいだなんて、いつもはとっても真面目な委員長はどこにいっちゃったの!?だってそんなコトしたらクラスのみんなにばれちゃう!ばれちゃうからぁ…!ノーマル趣味だった高校生、浮原透と、こっそりメイドをせずにはいられない委員長が繰り広げる、世界イチ不器用でやきもきなラブストーリーに、おかえりなさいませご主人様。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 978-4-04-870967-5 230P 2011・11・10 初版

  • タイトルの印象よりはしっかりした内容。三人称の、控えめなようで独特のテンポがある文章が楽しかった。セミマンはちょっと観てみたい。

  • 長文タイトルブームはそろそろ終わるんじゃないだろうか.
    「会長はメイド様!」っぽいアレだけど面白かったよ.
    なんかこの作者さん.撲殺天使ドクロちゃんの人だったんだな.
    あの時は立ち読みで半分くらい読んで挫折した思い出があるんだけど
    あれからずいぶん成長したようだな….
    このメイドちゃんが可愛いよ.
    いや,可愛いのは委員長ちゃんか?
    まぁいいや.
    4点あげよう.

  • 全般的にもの足りひん。キャラクタもストーリーも今ひとつや。
    もっとセミマン使ってロックな話にしたらええのに。

  • ニヤニヤしながら読んだ。
    内容が薄いのと、ギャグパートの後にくるややシリアスパートはいつもの手法というか、予想通りで安心して読める。委員長がスピカになりそうな瞬間というか、地が出そうなときが可愛かった。
    欲を言えば、別展開の方が良かった。
    次の表紙は☆中トロ☆希望

  • スピカは可愛かったけど、展開が普通で予想付いたかな。

  • おかゆまさきにしてはきわめてふつう。
    ふつうなのでとくにこめんとはない。

  • スピカはかわいい。特に眼鏡がないところ。客をいじらない静かなメイド喫茶派としては、推奨できない店であったり。続きを出すなら後輩か妹を頼む。

全8件中 1 - 8件を表示

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)のその他の作品

おかゆまさきの作品

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする