明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
3.86
  • (81)
  • (96)
  • (67)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 864
レビュー : 100
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048709705

作品紹介・あらすじ

『過去の改変』から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。そして、もうひとつ。わたしの歩けなかった足が、元通りになっていた。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。慣れきっている。そして、この世界の『現在』では、彼は九年前に死んでいた。その蔓延する常識が、わたしを苛み、蝕んでいく。わたしが歩ける毎日。それは彼が死んだ現代。決めた。わたしは必ず取り返す。わたしと彼がいた世界を。必ず。『昨日は彼女も恋してた』と上下巻構成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み始めてすぐ違和感を感じる。
    読み進めて違和感が解けた時には、全く違う物語が出てくる。
    慌てて前作から読み直してしまった。

  • 二冊読み終わって謎が解けた時、凄くスッキリしました。
    読み終わってから表紙をみるとまた感動できたし、もう一度違う目線で読み返すことが出来、とても楽しめました。
    ストーリーも面白かったし、登場人物も魅力的。私が今まで出会った本の中でもトップクラスに大好きな本です!

  • 多元宇宙理論によれば~、と講釈を垂れたくなるがそんなものは野暮である。

    一度読んだだけでは分かりずらい内容。
    簡単に言いうとニアがニアでなく、マチがマチではない。

    あぁ~そういうこと納得しつつ最後のほうはいろんな事がありすぎで混乱気味になる。

    ミー婆さんは裏袋なのか???
    小学4年にしてもみんなアホ過ぎだろwww
    林田近雄!たとえ死んでる命だとしても救われた時点でそれはお前の生きてる世界だろ?本当にそれでいいの?!www
    そして、何周してるの?wwww

    「?」が一杯でとても面白かった!!

  • 昨日は彼女も恋してたの下巻です。
    上巻でずっと抱き続けていた違和感の正体がわかります。
    正体がわかっても時系列とか頭の中でこんがらがって理解が追いつかない難しさを少し感じましたけど。
    下巻を読んでから上巻をぱらぱら読み直して見たら、見事に騙されたなーと思う反面、こんなにも最初から伏線だらけだったのか!と思って脱力しました。
    特にわかりやすかったのはタイムマシンの呼称、車・軽トラと、明らかに呼び方が違っていたのに、“私”にとって四輪の乗り物は全部車だ、って言う視点の違いで大して気に留めずにさせられるとことか。
    とにかく最初から二組の男女の話で、男女視点が交互に進むので同じ時間軸だと思わされたことがやられたーって感じで面白かった。

    ただ、読後は、私にとってこれはホラーだ…っていう怖さが残りましたね。
    終わり方はすっきりさっぱりだったはずなのに(笑)
    裏袋美佳=ミー婆=師匠なんだよねたぶん…その執念がホラー。
    どこがこのタイムミステリーのはじまりで、これからの終りも正直見えない、美佳と綾乃のいたちごっこが続くのかなぁっていうか、たぶんお互い死ぬまでそれぞれの守りたい人を守り続ける、おそらく、死んでからもまた若い美佳と綾乃が同じ事を繰り返して、この二人は永遠にあの島のあの時間に囚われたままなのかな…という恐ろしさを感じました。

  • 面白かった。タイムトラベルものはやっぱ良いですね。こうあわせたか!がたくさんあって面白い。

    ネタバレですが、上下巻の表紙全然気がつかなかった!

  • 過去の改変から現在に帰ってきた僕を待っていたのは、マチの死んだ世界。そしてわたしを待っていたのは、ニアが死んだ、わたしの歩けなかった足が元通りになった世界だった。マチ/ニアが死んだ現在が今というなら、僕/わたしは必ず取り返す。「二人」がいた世界を。必ず。

    「跳んだ」のは二人ではなく二組だったという、上巻で生じていた僕とわたしの違和感の謎が徐々に氷解していく様は、まさに脱帽。こんなトリックを仕掛けるとは…と感じたのはぼくだけではないはず。らしくない読みやすさは誤魔化す手法の一つだったのではないかと思うほど。
    しかしだからといって物語の結末に納得出来るかというと頷きがたい。美佳の足を守るため、死を受け入れたニア。自分の願った世界を守るため、過去に残る綾乃。何故二人は時間を超えたにも関わらず「ニアかマチのどちらかが死ななければならない運命」を認めてしまったのだろう。

    そうゆう意味ではやはりこれはニアとマチの物語になる。が……少なくとも二人がその運命に逆らおうとすれば、綾乃とマチ、ニアと美佳の四人は、九年後の自転車レースに参加するという未来があったのかもしれないのに。

  • 叙述トリック!!なにこれややこしい!!!まんまと騙されたというか、わけ解らなくなりました。。冷静に考えればわかるんだけどね?これはちょっと読み直さないと難しいな。。最終的な感想としては面白かった!再読必須。

  • やっぱり駄目だ。凝り過ぎてるのも受け付けなかったし、構成上、意図的なのかもしれないけど、この人物描写も受け入れられない。

  • タイムトラベルものは面白いけど、時間軸の考え方や未来の改変等々、ややこしくなるから私の頭ではどうにも……好きなジャンルではあるんだけどなぁ、、
    下巻の後半あたりで(ようやく?)おや??となり、読み終わってぼやっと理解した感じ。語り手の誤解は何とか自力で気付けた。でもそこが限界。解説ページにお世話になりました。読み返せば伏線や仕掛けにいろいろ気付けるんだろうけど、そこまでの気力は無かった。読み終わってからなるほど!となるパターンは苦手かな。読んでる時に盛り上がりたい。まぁ気付けない自分のせいなんだけど。。
    タイムトラベルやトリックの方に頭を働かせすぎて、登場人物達のドラマの印象が薄くなってしまった…。青春や恋愛ものよりもSFが好きな人には良いと思う。

  • 過去を変え未来を生きていたのは。
    人生はどんな形であれ終わる時が決められていて、それに抗う術は無いがそれ相応の代償を払えば変えられるのかもしれないな。
    どちらかが現実を受け入れない限り、この物語に終わりはないのだろうな…。

全100件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』『電波女と青春男』シリーズなどを執筆

「2019年 『やがて君になる 佐伯沙弥香について(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)のその他の作品

入間人間の作品

明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする