世紀末ロンドン・ラプソディ―A Study in Violet

著者 : 水城嶺子
  • 角川書店 (1990年6月発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 11人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048725880

世紀末ロンドン・ラプソディ―A Study in Violetの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1989年、日本。英文学専攻の女子大生の前にH.G.ウエルズのタイムマシンが現れ、100年前の英国にタイムスリップ。
    だがタイムマシンを狙う何者かに襲われ、現代に帰れなくなった彼女はホームズとワトスンに助けを求める。
    それが、正典の中の語られざる事件「ジェイムズ・フィリモアの失踪事件」へと発展していく……という導入部。

    ホームズファンの女子が憧れの世界へ迷いこみ、ホームズと行動を共にするという、かなりの乙女チックな夢小説ですが、設定には正典やその時代の出来事などが織り込まれ、筋が通っていました。

    でもやっぱり、ホームズやワトスンに会いたい〜という乙女向きかも。私は大好きです!


    第10回横溝正史賞優秀作だそうです。

  • 499.初、並、カバ小スレ、小口汚れ、帯付

  • ひょんなことから19世紀ロンドンにタイムスリップした、現代日本の女子大生、瑞希。難事件の渦中に放り込まれた彼女は、シャーロック・ホームズの捜査についていくが…という、シャーロキアンの夢みたいな作品。タイムマシンが絡むけど、推理自体はしっかりしてます。

  • 日本人女性が、ホームズを助けて「あの」事件を解決していた・・・!
    本作と併せて二作品しか発表してない著者。もっといろいろ描いて欲しかったのだけれど。

全4件中 1 - 4件を表示

水城嶺子の作品

世紀末ロンドン・ラプソディ―A Study in Violetはこんな本です

世紀末ロンドン・ラプソディ―A Study in Violetを本棚に登録しているひと

ツイートする