朱鱗(うろこ)の家―絵双紙妖綺譚

著者 :
制作 : 岡田 嘉夫 
  • 角川書店
4.13
  • (6)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048726382

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皆川センセの艶麗な文章と岡田画伯の官能的な絵筆とが、組んず解れつ圧倒的迫力で読ませる。見せる。魅せる。
    手元に置いて何度でも読みたい本。
    たいへん面白う御座いました。

  • 絵と文の相乗効果

  • いや、もうすごいわー。文章と絵が絡みに絡み、たとえるなら、血の混じった白粉の匂いといった印象。自己責任とはいえ、読んでいるうちにどろりとした沼地に足をとられ、もがく間もなくずぶずぶ沈んでいくようだった。読み終わってほっとため息が漏れたが、どことなく疲労感とともに、魂の一部を冊子の中に置き去りにしてきたような感がぬぐえない。

  • 絵双紙花魍妖と筆者が称した美しき怪談絵本。
    岡田嘉夫の絵と皆川博子の文章が相まって素晴らしい仕上がりになっていると思う。どちらが欠けても成り立たない。

    ねっとり、絢爛豪華な文章に陶酔。

全5件中 1 - 5件を表示

皆川博子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

朱鱗(うろこ)の家―絵双紙妖綺譚に関連するまとめ

ツイートする