彗星物語〈下〉

著者 :
  • 角川書店
3.52
  • (3)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048727075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 涙しました。いい話です。やっぱり宮本輝さんの作品は、好きだなあと実感させていただきました。本当に、よかったです。

  • 下巻は上巻から数年後の話です。
    その間、子供だった末っ子の恭太は少年になり、恭太の兄や姉は自立して家を出て行き、そして留学生のボラージュと家族の間には民族性や習慣などの違いから摩擦が生じて-。
    読んでいてパッと「変容」という言葉が浮かびました。
    家はただの入れ物でしかなく、そこを時も人も流れていく。
    そう思い改めてタイトルを見た時、「あ~、彗星だな~」と思いました。

    この物語における、家族の一員であるビーグル犬のフックの存在はとても大きいです。
    この犬がいなかったら、このお話はここまで生き生きと輝いたものにならなかったのじゃないか?と思いました。
    読み終えて感動しました。
    いいお話です。

  • (平成4年初版の単行本) 大家族と一匹の犬の物語です「生きとし生けるものは、すべて突如彗星の如くあらわれて消えていく(中略)どこへ消えて行くのであろう。) 本書より。大家族を見守り続けた犬の最後は、帰る場所のない生涯ですね。久々に感動し涙した作品でした。良書だと思います。お薦め作品です。20年前の作品で、単行本は古本屋さんにしか置いてません。文庫本なら有りますが・・・(文春文庫)

全4件中 1 - 4件を表示

彗星物語〈下〉のその他の作品

宮本輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

彗星物語〈下〉はこんな本です

ツイートする