香水物語

著者 :
  • 角川書店
3.13
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048727723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バブルの真っ只中に書かれたごく短い掌編が収められている。赤いバラに白いカスミ草の花束、やたらに洒落た男女にブランドの羅列、当時の憧れの恋愛はこんな感じだったんだろうなぁと思う。
    男女が書き割りのように登場し、「魅力的な」シーンが切り取られる物語の数々は昔のトレンディドラマのダイジェストのようだ。
    時代の流れを感じるなぁ。

  • 短編集

  • 香水は恋の匂い。香水と宝石がモチーフの大人の女の恋愛小品集

  • ショートショート。どの話も大体2、3ページで終わる。上流階級のお洒落な人たちの、大きな物語のクライマックスだけを抜き出した感じ。まさしく香水を取り揃えたような本。そして香水のイメージに合わせて情景を変える物語。異国、ホテル、カフェ、宝石、待ち合わせ、音楽、電話、シャワー…。あらゆる小道具がお洒落に輪をかける。読後、リゾートでのんびりしてきたような、ほんわか現実ボケの気分が味わえる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

森 瑤子(もり ようこ)
1940年11月4日 - 1993年7月6日
静岡県伊東市出身。本名、伊藤雅代。東京藝術大学器楽科入学。広告代理店、コピーライターを経て専業主婦に。1978年、池田満寿夫『エーゲ海に捧ぐ』に刺激されて『情事』を執筆し、第2回すばる文学賞を受賞しデビュー。直木賞、芥川賞の候補に度々ノミネートされるが、1993年に胃がんで逝去。
代表作に『情事』、テレビドラマ化された『デザートはあなた』など。

森瑶子の作品

ツイートする