刺繍する少女 (KADOKAWA新文芸)

著者 :
  • 角川書店
3.35
  • (9)
  • (17)
  • (50)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :143
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048729437

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の『第三火曜日の発作』が一番好き。

  • 短篇集。
    どの短篇も話の展開がいい。
    そして、独特な「ひんやり」感。
    「森の奥で燃えるもの」。「美少女コンテスト」、「ケーキのかけら」…などなど。

    個人的に、というか、なんというか、「図鑑」は読んでいて、だんだん結末が見えてきたけれど、まさにその通になって、思わず「ひぃっ」と声を上げてしまった。

    ほんとにちょっと「ひんやり」した。

    「アリア」は少し悲しいお話しだけれど、だけど、なにかもっと違う感覚がある。

    優れた短篇ばかりだと思う。

  • (2012.11.03読了)(2004.07.02購入)
    【10月のテーマ・[女性作家を読む]その④】
    短編集です。「野生時代」1994年11月号~1995年8月号に連載。
    平凡な日常の一部が切り取られたようで、特に事件やドラマがあるわけでもない。
    だからと言って、つまらない読み物というわけでもありません。手持無沙汰で、なんか読んで時間をつぶそうかというときに、いいかもしれません。
    「アリア」「ハウス・クリーニングの世界」といったあたりが、好もしいかな。

    【目次】
    刺繍する少女
    森の奥で燃えるもの
    美少女コンテスト
    ケーキのかけら
    図鑑
    アリア
    キリンの解剖
    ハウス・クリーニングの世界
    トランジット
    第三火曜日の発作

    ●ぜんまい腺(61頁)
    「その人が生まれた時授けられた、時に関わりのある情報を、ぜんまい腺はつかさどっているの。時刻、曜日、日にち、期限、時代、過去、寿命、未来……。それらからあなたは解放されたのよ」

    ☆小川洋子さんの本(既読)
    「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子著、文芸春秋、2009.01.10
    「小川洋子の偏愛短篇箱」小川洋子編著、河出書房新社、2009.03.30
    「カラーひよことコーヒー豆」小川洋子著、小学館、2009.12.01
    「原稿零枚日記」小川洋子著、集英社、2010.08.10
    「妄想気分」小川洋子著、集英社、2011.01.31
    「人質の朗読会」小川洋子著、中央公論新社、2011.02.25
    「言葉の誕生を科学する」小川洋子・岡ノ谷一夫著、河出書房新社、2011.04.30
    「最果てアーケード」小川洋子著、講談社、2012.06.20
    (2012年11月4日・記)

  • 10の短編集。

    ふと偶然出会った人との、些細な、けれど強烈に印象に残る出来事。

    素直にきれいに終わる話もあり、
    ドキリとするような結末もあり。

    妻を持つ男と関係を持った人妻は、男を待つ間、図書館で寄生虫の図鑑を見て過ごした。
    何の未練もなく、宿主にくっついていられるなら、目玉なんて必要ない。

    結末に、思わずえーっ!wだた。
    「図鑑」

    夜明けの緑をさ迷う人々、とよく似てる)^o^(

  • こわい。

  • 小川洋子独特の、静かで心地良い文体で書かれた短編集。大事件ではない、けれど忘れられないような物事を、とても綺麗に描いている。

  • 生と死、狂気と現実、互いに反するように見えることの境界線が曖昧になって、小説の中で絶妙に溶け合っているような感じ。

  • 幻想的でありながら生々しく冷たい、ここではない世界へと誘う短編集。
    精神的な行動における残酷さが小説の端々に染み込んでいる。

  • 全体的に、かなしい。
    森の奥で燃えるもの、と、キリンの解剖、ケーキのかけら、が特に好き。

  • さんざ探し回ってようやく手に入れた短編集。ケーキのかけらが特に好き。小川先生の話って空気が張詰めてるのにどこか鈍い感じがする。それがとても素敵。

全31件中 1 - 10件を表示

刺繍する少女 (KADOKAWA新文芸)のその他の作品

小川洋子の作品

刺繍する少女 (KADOKAWA新文芸)はこんな本です

ツイートする