ロングバケーション

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (9)
  • (12)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048729604

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマのシーンを思い浮かべながら、もう一度ロンバケの世界に浸りました。

  • 同名タイトルのノベライズ。最終回の日にこの本が発売になって、その日に買いにいって、最終話の分だけ先に読んでしまった本です(笑)ドラマよりもそれぞれの内面が細かく表現してあるので、感情移入しやすかった。

  • 今、何故ロンバケ?シナリオ小説だから話しと言葉の展開が面白ドラマチックだ。

  • 北川悦吏子は結構好きだったり。
    ドラマはたまに見てたかな。だから、本読んでてもドラマのキャストで脳内再現されてた気がする。
    シャ乱Qとか懐かしいな・・・

  • ドラマ自体を見たことはないのだけど、
    前々から気になっていたので小説の方を読んでみました。
    瀬名と南のかけあいが全部面白い♪
    こんな風に憎まれ口や冗談を言い合う関係って好きなんですよね。
    途中に主人公が2人とも別の人を好きになって別の人と付き合うのに、
    結局この2人がくっつくのは「こんな簡単に切り替えられるものなのかな?」
    とちょっと不思議だったけど。
    ドラマも見たい!

  • 本、ていうかドラマとして大好きデス

  • ドラマもとても好きだけど、小説もすごく好きです。ふたりのラフな感じが印象に残っています。あんなふうにありのまま相手を受け入れられたらお互いすごく幸せなんだろうな...。

  •  ドラマの小説版。昔ドラマを見ていたけどどんな話だか忘れていたので、結構新鮮な気持ちで読めた。
     貫く気持ちの大切さを教えられた気がする。

  • これのドラマで北川さんの存在を知った。
    瀬名くんのピアノが好きでよく中学校の音楽室で弾いてもらった。
    瀬名くんは永遠に不滅です!!!

  • 元気でる

全11件中 1 - 10件を表示

ロングバケーションのその他の作品

北川悦吏子の作品

ツイートする