岩だらけの懐かしい星

  • 17人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 角川書店 (1996年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048730037

岩だらけの懐かしい星の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祖母は、明治時代にペルーに渡った移民だった。その祖母の足跡をたどる。
    1か月以上の船底での旅、そしてペルーでもたくましく生きる明治、大正の人たち。相当タフ!
    日本人て、意外とガッツがあったんだ~。
    そして、わりと奔放(^^♪
    いいね~!!

  • おばあさんに対する著者の想像の翼。そして、時空を超えて人生を駆け抜けるおばあさん自身の追憶の翼。ふたつの翼があいまって、遠くペルーの地の原風景を描き出す。いとうせいこうをしてここまでペルーに執着させたエネルギーの源は、人が己の人生を懸けて海を渡った歴史への感動そのものだったように思う。
    ただ、小説としてはひどくつまらない。細かくてめんどくさい。著者の好奇心とは裏腹に、読者としておばあさんにまったく興味が持てない。我慢してやっと読み終わった印象。

  • いとうせいこうの読み物で一番好きなのはコレ。かつてはかなり新鮮だったが、また読み直したい一冊

全3件中 1 - 3件を表示

いとうせいこうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

岩だらけの懐かしい星はこんな本です

ツイートする