をんな紋―まろびだす川

著者 :
  • 角川書店
3.82
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048730143

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 玉岡さんの小説だから
    素直なハッピーエンドなんてないよなぁ、と
    不安を持ちながら読み始める
    土地とか家とかにベースはあるけど
    ちょっと恋愛描写が多めかな

  • いまだに封建制度が残る。明治時代の終わり、川の舟運の盛んな農業地域のいまだ根強く残る「家」「家長」。嫁いできた嫁の持つ紋「をんな紋」娘に伝わる紋。豪農青倉家の家長父を早くに亡くし、再婚しない母、妹、祖母の女だけの世帯になった師範学校を出た長女袖喜のたどる運命。酷い悪人は登場しないが、頼りない亡き家長の弟、親戚の幼馴染従妹の嫁いだ女たらし&マザコン?の夫、真面目すぎる袖喜の恋の相手。すっきりしない歯がゆい物語だった。これ3部作だから後どう展開するのか読み進めたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『ひこばえに咲く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

をんな紋―まろびだす川のその他の作品

玉岡かおるの作品

ツイートする