聖戦ヴァンデ〈上〉

著者 :
  • 角川書店
3.70
  • (8)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048730266

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初、アンリと二コラの別れのシーンを読んで「おぉ!面白い!」と思ったんですが、革命が進み、アンリが実質的なヴァンデ軍の指導者の一人になってからは、人が多すぎてちょっとついていけないくなりました。

    革命派のジュリアンも着々と力をつけてきていますが、そこまでロペスピエールに心酔する理由はなんだろう?

  • フランス革命と言えば「ベルサイユのばら」。そして、それより遡ること100年くらい前(?)のルイ14世の時代が舞台の「アンジェリク」くらいしかフランスの歴史の手がかりを持っていません。あ、「レ・ミゼラブル」も関係ありか。
    それらの物語を思い出しつつ、唯一知っているロベスピエールを基準にして、時代背景や登場人物の立ち位置を探りつつの読書でした。

    ロベスピエールを崇拝している若き革命家ジュリアン。
    実家は下級貴族くらいでしょうか。格別いい暮らしをしているわけではありませんが、かといって貧乏でもありません。
    それがロベスピエールの演説を聞いて、自分の人生を人民と真理に捧げると言った全きの無私の人ロベスピエールに憧れ、自分も同じ生き方をしようと心に決める。

    対するアンリは貴族の中でも上流の方。国王騎兵隊の士官で、王と貴族の生活を守るために自分は存在していると思っている。

    彼の副官ニコラは庶民の出。
    しかし、アンリに命を救ってもらったこともあり、アンリの高潔さを心から信頼しているのだが、革命が起こったことによって自分のいるべき場所を考えることとなる。

    フランス革命は、人民が自由を勝ち取ったということで、どうしても革命軍を善としがちであるけれど、その革命軍を率いておきながら、恐怖政治を強いたということで処刑されたロベスピエールがジュリアンの理想だというのなら、この物語の着地はどこになるのだろう。

    ジュリアンもアンリもニコラも、自分の信念に忠実で嘘がない。
    立場が違えばきっとわかり合える良き仲間になったはずだ。実際アンリとニコラは腹心の友と言ってもいいくらいの絆があった。

    人が争うことの何がよくないって、人のはなしに耳を貸さなくなること。
    自分の意見は正しい。自分の立場が絶対。
    それに反対するやつは敵。

    ジュリアンがどんどん頑なになっていくのを読んでいて、辛い。
    彼にはロベスピエールが語る理想しか見えていない。
    今、目の前で苦しんでいる人たちが見えない。

    “革命は、このフランスに生きるすべての人間に二者択一を迫り、踏み誤ったものを容赦なく切り捨てて進むのだろう。その時自分は、どこに与していればよいのか。国に対して軍に対して、また自分自身に対して、どうあればよいのか。”
    思い悩むニコラ。

    国王を守りきることのできなかったアンリは死ぬつもりであったが、革命軍に神を信じることを禁止され、国王を慕うことを止められた農民たちが反乱を起こすとき、彼らを無駄死にさせないために彼らの先頭に立つことを決める。

    “わしらからたくさんの税金を取り、司祭様まで取り上げ、国王様を殺し、そのうえわしら自身まで連れて行こうとする革命政府に、わしらはもう従えません。(中略)けれど、反抗の仕方がわかりません。ムッシュウ・アンリ、どうぞわしらの先頭に立ってくだせぇ”
    “踏みつけられて生きるより、自由を求めて死んだ方がいい”

    プライドや建前を持たず即物的な農民たちの考えに戸惑うアンリだが、農民たちの気持ちを汲みつつ、上手に話をまとめ上げるカトリノーの柔軟な姿勢はとても好感が持てるし、彼を見ながら変わっていくアンリも好ましい。

    それに引き換えジュリアンの前にいるのは、がちがちの理想主義者ロベスピエールとか、極めつけの日和見主義者のタレイランとか、若者の成長を喜ぶどころか足を引っ張ろうとするゲスな奴らばっかりなんだもんなあ。

    10代から20代の若者である主要人物3人の、青くて硬い人間性が、革命が続くにつれてどう変貌していくのか。
    そして、彼ら3人の運命は。
    下巻が楽しみ。

  • やっぱり藤本さんは面白い。
    上巻は、苦手なジャコバン派とジロンド派とかが延々と出てきて、ちょっと辟易したけども、下巻になってからはやめられない、とまらない。
    降りる駅になっても、降りたくないくらい。

    でも、史実に基づいているものは結果がわかってしまうからつらい。
    最初、勝ち進むヴァンテ軍だけど、それでも、結局は・・・とわかってしまうわけで、最後も、持ち直すかのように見えるけど、でも、それで終わるわけないのがわかっているわけで・・・。

    読めば読むほど死に近づいていくのが切なかった。

    そして、読み終わって、ラッシュの田園都市線で朝から放心状態。

    アンリも死に、ほかの指導者もしに、ニコラも死に。
    しかも、結局は勝ったかのように見えるロベスピエールやサンジュストも処刑されるわけで・・・。

    虚しい。

    敵対勢力であるロベスピエールたちも結局は処刑されるなら、ヴァンテの農民たちはいったい何のために死んだんだろう、とか、電車の中で押しつぶされながら呆然と考えてしまった。

    だけど、結局はこの戦いの行き過ぎた行為が処刑に結び付くのなら、彼らの死にも意味はあるのかな。

    突き詰めて考えていくと、まだその存在を望まれていたにもかかわらず処刑されたルイ16世も可哀そう。(マリー・アントワネットはどうしても好きになれないので、ここでは触れず)
    でも、自分たちが生き残るすべがまだまだあったにも関わらず国民を信じ切れず、みずから破滅の道を選んでしまった彼らはやっぱり、あの時代の君主としては浅はかだったんだよね。

    話をヴァンテに戻すと・・・。

    農民たちの勝手さにもイラッとした。
    アンリたちがこんなに頑張ってるのに、危ない道を選んで帰ろうとするなんて無知にもほどがある。
    けども、自分たちの土地を守り、家族といっしょにそこで暮らすために蜂起したのに、いつのまにか目的が変わり、勝利のために自分たちの土地を離れ・・・もうなんでもいいから帰りたいという言葉に、本当戦いってなんなんだろうと思った。

    だれのために、なんのために蜂起したのか。
    この人たちは、アンリに直接伝えられて、アンリが理解してくれたからよかったけど、どんどん最初の目的から離れて行ってしまうものなんだろうな。本当、恐ろしい。

    読み終わって、呆然としてしまう本でした。

    救いは、アンリをニコラが葬ってくれたこと。
    自分の城で、ニコラに葬ってもらえてほんとよかった。

    このニコラ、実在の人物にフィクションを加えた存在なんだけど、藤本さん、本当にありがとう!
    ニコラとアンリの主従愛がなければ、悲しすぎるよ。

    西洋史専攻の西洋史マニアの割には、本当の歴史書は好きではないんだけど、小説を読んでどこまでが史実かどうかとかを調べる作業に没頭するあたりがやっぱり史学専攻なだけあるかな。笑

    図書館で借りた本だけど、購入しようかと思います。

  • @nami_nm 上下巻セット。「嵐を呼ぶ本」⇒藤本ひとみ「聖戦ヴァンデ」<上><下>を推薦。フランス革命を題材にした歴史小説。私が持っていた革命の印象は民衆が王家を打倒したという美しいものだったが、この本で実際は自由・博愛・平等の下大量虐殺が行われていたことが分かった。革命の印象が覆った本。

  • フランス革命の中発生したヴァンデ戦争。
    ヴァンデ地方の農民が起こした反乱で死者は30〜40万とも言われているが、女子供まで虐殺したとして未だにフランスでもタブー視されている。

    名前しか知らなかったので詳しくわかって面白かった!

    が、偶にホモ臭いのがどーも気になったり…

  •  1997年3月14日購入

    削除

  • 藤本さんの「マリー・アントワネット」を読んだので、藤本作品で好きなものを(笑)。国王ルイ16世夫妻処刑後に、ロワール地方でものすごい王党派の反乱が起こります。その反乱、「ヴァンデ戦争」を扱った作品です。2人の軍人が主人公です。1人は超名門貴族の若者、アンリ・ド・ラ・ロシュジャクラン子爵。王家のブルーの上着を着る、国王親衛隊の将校です(「ベルばら」のオスカルと同じ)。もう1人はその副官、ラザール・オッシュ。彼は平民出身の優秀な軍人。王家が崩壊した瞬間から、この2人が敵味方に分かれなければならなくなってしまいます。この別れがクールであってまた切ない!「我は王軍、友は叛軍(←講談社文庫「ダルタニャン物語」のシリーズより)」のテーマはやっぱりいいんだわー。領地に帰ったアンリ子爵は革命をある程度認めながらも、やはり王に仕えた身として納得いくはずもなく、貴族有志とともにルイ17世擁立を目指して反乱勢力を(ややなしくずし的に)束ねることになり…と物語は進みます。この反乱は本土でもあまり語られない傾向らしく、読んだときは衝撃でした。「それって内戦だよ!」という激烈さ。でも、よく考えたら、あんなにフランスは広いんだから、花のパリだけの問題で収まらないのは当然です。そういうことを見せてくれた点で、この☆の数です。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

藤本 ひとみ(ふじもと ひとみ)
1951年、長野県生まれの作家。西洋史への深い造詣と綿密な取材に基づく歴史小説で脚光をあびる。フランス政府観光局親善大使。
国家公務員として厚生省に勤務し、その後は地方公務員に。兼業で少年・少女漫画の原作を手がけて、1984年集英社第4回コバルト・ノベル大賞を受賞。1992年に西洋史、犯罪を主題とした小説を描き始める。『侯爵サド』『ジャンヌダルク暗殺』で第19回および第23回吉川英治文学新人賞の最終候補。
ほかの代表作に、『新・三銃士』『皇妃エリザベート』『ハプスブルクの宝剣』『王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇のすべて』など多数。

聖戦ヴァンデ〈上〉のその他の作品

藤本ひとみの作品

ツイートする