BRAIN VALLEY〈下〉

著者 :
  • 角川書店
3.41
  • (21)
  • (27)
  • (67)
  • (10)
  • (3)
  • 本棚登録 :288
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048730792

作品紹介・あらすじ

人の業"科学"が到った極限のヴィジョン。「奇蹟」。人類はついに最終進化に突入した。壮大なプロジェクトが完遂するとき、カオスの縁からその存在が起ち上がる…。科学と文学の垣根を越え、かつて誰も見たことのない地平に誘う書き下ろし超絶エンターテインメント大作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻で、上巻から続いていた事が完結。

  • 記憶のメカニズム。自己。神。進化。後半4分の3まで最高。

  • H27.10.18 ダースベイダーか皇帝か(笑)。四つの柱になっているそれぞれの研究が、最終目的への重要な要素になっているのは、まぁ分かるにしても、オメガプロジェクトの説明も無しに協力させていた時点で破綻は目に見えているのに・・てか、お人好しばっかりだなぁ、気付けよ!

  • うむ、なかなかいいねぇ。テンポもどんどん良くなって加速的に面白くなっていくし、知識も必要だから脳細胞が活性化するのが分かる。

    「神」という概念は人間だけしか持たないのか、「神」とは人間の脳の作りだした幻覚ではないのか。

    そんな発想をした事がなかったのでとても新鮮でした。ラストはちょっと含みがありましたが、今後どうなるのでしょうか。

    この作品の発表年から随分と時が経ちますが、今の脳科学ってどこまで行ってるんですかね。
    それも気になります。

  • 面白かった。
    脳はまだ全部使われていないとはよく聞くけど、これを読むと想像が膨らみます。

    専門的な事はわからなくても、部分的に今まで読んだ本の一部で理解してた部分もあったりして、創造力の掻き立てられる作品でした。

    私の見てる物は実在してますか?
    私の脳が見せているだけかも。

  • アブダクションや人工生命の説明のあたりは面白かったけど、パラサイトイブの成功が悪影響したのか?後半はエンターテイメントしようと意識しすぎて、一気に大味なオカルト物語に。映画にしたかったんだろうなあ…。
    エピローグは、完全に蛇足。

  • パラサイト・イヴに感銘受けて手にとった。自分が脳の魅力に惹かれる原因を作った本。行き着く先が見えずどうなるかハラハラしながら読んだ。後半になるにつれて登場人物たちの研究が絡まり合ってすごく面白かった。
    神はいるのかいないのかというが、脳科学によると、現実は脳によって生じる現象なのだという。では、脳の中に生じた神は現実ではないのか。

  • 上巻に比べて説明が減ったといっても前半は説明だらけだなあ。
    科学者として、創造主(神)へ執着するというのはすごく面白いテーマだけれど、小説として描くなら、作者だけが知識を持っていて、その上でストーリー展開させればいいのではないか、とおもった。作者が知った情報をわざわざ読者に知らせる必要はない。知識をもって描けば情報を出さなくても話に深みがでる。けれどこの作品は、元々深みのある話なのに情報を羅列しすぎて話自体が薄っぺらくなってしまった、という失敗例。

  • ブクオフでハードカバー版が105円で売られていた(しかも3冊くらい)。
    歓喜したけど、ちょっとさびしい感じもした。

    やっぱり面白い。
    本当に、どうして廃版にしてしまったのだろうか?
    本当に面白いのに。

  • 脳を題材にした物語。興味深い内容だが、小難しくじっくりと読み込めなかった。

全20件中 1 - 10件を表示

BRAIN VALLEY〈下〉のその他の作品

瀬名秀明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする