君が壊れてしまう前に (KADOKAWA新文芸)

  • 51人登録
  • 3.31評価
    • (4)
    • (3)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 島田雅彦
  • 角川書店 (1998年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048730914

作品紹介

かつて14歳だったあなたへ。いま14歳の君に。ぼくのまわりは敵だらけだ。謎の教師が教えてくれた、世界とうまく戦うコツを。最新長篇小説。

君が壊れてしまう前に (KADOKAWA新文芸)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014 12/12?

  • 自分の10代後半の頃を思い出し、ノスタルジーに浸り、涙ぐんでしまった。
    ただし、私としては、何も大きなことが起こらない日常が淡々と進むのが好きなのだが、男女関係がちょっと進展しすぎかも…
    筆者はイケメンで頭も良いので、かなり実話が入っているような気がする。

  • おもしろいのだが、島田雅彦これでいいのか?とも思う。なんとなくですが。

    タイトルは佐伯一麦っぽいね(…これもてきとうか)。

    ゴルドベルクの変奏が、「ぼく」(日記だから一人称あんまり出てこない)の1か月を示し、人生を表し、その子どものあり方までも象徴する。つまりみんなということ。
    と、まとめるとピュアフル文庫感が。。うーん、それは本質ではないけど。

  • 少し変わった中学生の日記だ。それとも世間の男子中学生は大体こんなものか…そんなこと私にはわからない。
    たが、身近にこんなやつがいたら、きっと友達に成りたいと思うに違いない。たとえ、その日記がエンターテイメントとしてイマイチ面白味に欠けるとしてもだ。

  • 日記で綴られる淡々とした、しかし奇妙な「僕」の毎日は、理性の裡に妄想と狂気を孕んで続いていく。
    君が壊れてしまう前に、ぼくは、ぼくが、ぼくに、ぼくと、。
    けれど結局この場所から一歩も動けないし、動かない。

  • 汗と誇りにまみれた誇大妄想青春小説。せつないです。

  • 中学生日記。島田雅彦本人のかも と思われる。脚色とか再構築とかされたんじゃないでしょうか。

  • うー。挫折。久しぶりに読書で痛い目を見ました。
    「リアルな中学生」っていう点ではすごく完成されてるかもしれないけど、やっぱ昭和のにおいがする。オナニーだけはべつにして。中学生時代をこの時代より30年ちかく遅れた、平成の時代にすごした私としてはいまいちピンときませんでした。この頃を同じようにすごした人なら「あー懐かしい」という気持ちが持てるかもしれないけど、そういうわけにもいかず。とくに何が起こるわけでもない日記の形態に疲れてしまった。いつか気が向いたらもっかい向き合いたいです。というか、個人的に悔しいので読みきりたい。P134まで。

  • こういう日記系好きだ。懐かしくて、すごく切ない。

全10件中 1 - 10件を表示

君が壊れてしまう前に (KADOKAWA新文芸)のその他の作品

島田雅彦の作品

君が壊れてしまう前に (KADOKAWA新文芸)はこんな本です

ツイートする