銀月と云ふ男―大正青夢譚

著者 : 秋月こお
制作 : 波津 彬子 
  • 角川書店 (1998年12月発売)
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048731461

銀月と云ふ男―大正青夢譚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大正時代の書店の中でのお話。
    思っていたのと異なり、結構楽しめました。
    もともと書店のお話は好きなのですが、時代物も好きで…ということで、私の好きポイントが満載。
    話もロマンスがよくて、続きを早く読みたいのですが探すのが大変そうだと腰を入れて頑張ろうと思いました。
    そして、そういえば南北朝時代の後続が近代で名乗られた方がみえて…というのを学生のとき先生から聞いたのを思い出しました。そこら辺、もうちょっと詳しく知りたいです。
    でも、これだから歴史って素晴らしい!そう思う作品。

  • やっと、逃げ出せたけど、二人の初夜が… 心がつながったけど、肉体がまだ、作者はのんびり待ってて、書いてあったけど、10年だよ、マイナーな世界だから売れないのかな?

  • 時代物、南朝天皇の系統のお話です。

全3件中 1 - 3件を表示

秋月こおの作品

銀月と云ふ男―大正青夢譚はこんな本です

ツイートする