巷説百物語 (怪BOOKS)

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (219)
  • (132)
  • (383)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1295
レビュー : 149
  • Amazon.co.jp ・本 (511ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048731638

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今妖怪についてはまってるので面白かった。
    文体がとてもよい。

  • 夏の涼しい夜に酒を片手にひゅうどろな、そんな雰囲気の小話集。幽霊物ノ怪妖怪の言伝えはあれど、実際にそんなものはないというリアルな話。リズムもよく捻りもきいていて非常に面白かった。口の上手い又市の言葉はまだるっこしくなく直球で思わず納得。狸の話の治平さんは最高にかっこよかった。治平さんがすごく好き。

  • 古典版ドッキリなどと言ってしまうと語弊があるのかもしれないが、第一印象なのだからしょうがない(笑)

    この作品、百物語と銘打ちながら、怪異の存在には否定的である。人の業を怪異になぞらえて決着させる。
    ゆえの巷説、納得である。

    基本構成は一貫しているものの、毎回新鮮さを失わせないのは、京極氏の筆力ゆえだろう。

  • 怪異を「仕掛ける」4人の小悪党が粋で最高にかっこいい!!
    「怪異発生」→「仕掛けの説明」という簡潔な構成をとっている短編集ですが、内容が非常に濃くて大満足。
    『絵本百物語』に出てくる妖怪と話の内容が見事にマッチしていて、さすが京極夏彦!上手い!!って感じです。

    話の語り手の視点が細かく次々と切り替わっていくので、読者だけが話の全体像を捉えることができる感じがします。そういうところが、まるで上質な舞台を観ているようで、贅沢な気分になれました(^^♪

  • 京極堂シリーズより全然読みやすい。
    京極堂が事件を妖怪にあてはめて、それをお祓いして事件を解決するって形なのに対して、又さんがやるのは事件を妖怪の仕業にしてしまう、っていう全く逆のもので。
    それがね。
    面白い。
    また、全体的に小気味よくていい。
    一話完結でさくさく読めるのもいい。

  • わくわく

  • 戯作者志望の若者・山岡百介が『嗤う伊右衛門』に登場した「又市」とであうところから始まるお話。
    時代背景は江戸末期で、人の心の綾を妖怪の仕業に仕立てることで解決する小悪党たちの活躍を描くお話。

    この作品の最後の方で、『嗤う伊右衛門』で語られている話に触れる部分があるので、この作品を読む前に『嗤う伊右衛門』は読んでおきたい。





  • 凄い長くて、ちょっと言葉が古いけど、怪談が好きな人は好きだと思います。
    うまく物の怪を絡ませてあって、楽しく読めますね。

  • 新書版(C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
    文庫版 (角川文庫)

  • このシリーズが一番好き。

全149件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

巷説百物語 (怪BOOKS)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする