巷説百物語 (怪BOOKS)

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (219)
  • (132)
  • (383)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 1295
レビュー : 149
  • Amazon.co.jp ・本 (511ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048731638

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 又市と百介のコンビがいいですね。
    又市の仕掛けがいちいち凝っていて素敵です。

  • 百介先生が出てくる、仕掛け人たちが脇に徹していて、前・続とは大分違う感じ。
    心の病が中心かな?

  • 後巷説百物語から読んだが、どこから読んでもよい
    なかなか気になる妖怪たちがテーマであった。
    人間の所為をいかに妖怪の仕業に見立てるか、毎回すばらしい仕掛けである。
    一番の衝撃は「帷子辻」。伊刹那岐神の話も登場。死骸が腐敗し、変わり果てても愛し続けるとは、、、うわーおえっ

  • 帯表
    巷にあやかしが騒ぐ刻、又市の鈴の音が薄闇に染み渡るー
    帯背
    幻惑が繰る巧緻な妖怪小説
    見返し
    時は、江戸。巷の闇の色は濃い。
    その闇を縫うように、あやかしたちの姿がほのかに立ち上る。
    小豆洗い、白蔵主、舞首、芝右衛門狸、塩の長司、柳女、帷子辻・・・。
    それは、現か、幻か、それともー
    と、その刻、小股潜りの又市の鈴が密やかに鳴り、
    山猫廻しのおぎん、考物の百介、事触れの治平の姿が現れる。
    「御行奉為」
    いつの世も、不可解な事件は決して跡を絶つことがないー

  • ジャンルに迷います。妖怪話。
    妖怪は人の心から生まれるものといいますが、ならば、一番恐ろしいのはやはり、人なのでしょうね。
    謎が解体されていく様は楽しい。

  •  京極夏彦なにものかと思ってたけど、面白い!
     そうか、映画「嗤う伊右衛門」に出てきた香川照之の御業小股潜りの又市は同一人物なんだ。

     最近香川照之が大好きで気に入っているので、なんかうれしい。

  • 巷説百物語シリーズ第一作。このシリーズは他に『続巷説百物語』『後巷説百物語』『前巷説百物語』と今のところ四冊が出版されていますが、どこから読んでもOKな作りになっています。
    私が一番好きなのは、直木賞受賞作の『後巷説百物語』。読後感の爽やかさが素晴らしいのが、京極作品にしては珍しい。

  • ぞ く っ

  • 11月28日読。
    面白いです。最初はアニメから入ったけど、小説の方が断然面白い。

  • 19/11/5

全149件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

巷説百物語 (怪BOOKS)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする