呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2

著者 : 高杉良
  • 角川書店 (1999年8月発売)
3.50
  • (4)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :60
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048731676

呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 金融腐食列島の続編というものの、舞台は”協立銀行”から
    朝日中央銀行(第一勧業銀行がモデル)に移っています。
    中堅社員が活躍して、企業の腐敗を一掃しようと活躍するストーリーは、
    一読に値するものだと感じます。
    しかも、続編でありながら、前作を読まなくともすんなり入り込めるストーリーです。
    ただ、中小企業ならまだしも、大企業、しかも金融で、中堅社員がここまで、
    役員人事に介入できるものか?
    という、フィクションならではのストーリーです。
    うーん、自分じゃここまでのことは出来ないなぁ。

  • ハードカバー £1.00

  • 映画がおもしろかった金融小説☆
    とってもわかりやすくておもしろい!

全4件中 1 - 4件を表示

呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2のその他の作品

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2はこんな本です

ツイートする