ケイゾク/映画―Beautiful Dreamer

著者 :
  • 角川書店
3.36
  • (8)
  • (8)
  • (34)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 117
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048732130

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 赤い月の灯りに照らされた墓標たち。
    この世は美しき夢なのか、悪夢なのか。
    白々とした眠り、闇の中の覚醒。

    「悔い改めよ。さもなければ七ツ頭のオロチが目覚め
    全ての存在を喰い尽くすであろう。」

    老婆の予言と15年前の第七神竜丸遭難事故で
    生き残った人たちに届く招待状。
    色々なものがどんどん消えていく不思議な島。

    白、黒、ねずみ色、赤、赤、赤…赤黒い塊………。

    自らの視界と世界の境界線と構図。
    すれ違う想い、憎悪へと変質する愛。
    生きること、認識すること、忘れないこと…。

    愛と憎しみは紙一重。
    愛するがゆえに生まれた異物としての「憎しみ」。
    迷いも雑念もなく透き通るような純粋な殺意。
    混濁する意識と想い。

    絡まった複雑な糸のほどける夢の終わりは、
    切ないけれど美しかった。

  • 装丁/金田有紀 ノベライズ/橋爪敬子

  • ちょっと前にたぶんこのお話の直前にあたるお話を漫画で読み返してたので読んでみた。
    原作シリーズを知ってればそれなりに楽しめるという感じ。

  • うーむ、よくわからんかった。基礎知識を得るため「ケイゾク/シーズン壱 完全版」をこの前に読んだけど、それからこの話までの間になんかあったっぽい。あと前に読んだのでは登場人物がバタバタと死んで終わったと思ったんだけどどーも違うっぽいし。わざわざ読んでこれかというのはちょっと残念だった。やっぱドラマ見ないとダメなのかな?

  • 15年前の海難事故を調査する「捜査二係」の柴田と真山。何もかもが消えてしまう「厄神島」に向かう二人だったが、そこで彼らを待ち受けていたのは不思議で、哀しい事件だった――。警視庁捜査一課二係―最後の事件。

    これを書いた人は、小説家よりも脚本家が向いているのではないだろうか。と思ったらドラマのノベライズだった。

  • 映画館で3回みた
    イイ。

  • 映画を見て書物版が読みたいと思って読んでみた。
    相変わらず会話が面白いミステリー。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

脚本家。代表作に「ケイゾク」ほか

「2020年 『SICK'S 厩乃抄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西荻弓絵の作品

ツイートする
×