ヴィーナスの命題

著者 :
  • 角川書店
3.15
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048732475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ……なんというか、やや難解なイメージが。読んでいると妙に綺麗な感触で、別に読みにくくはなかったんだけど。読み終わって「?」状態。慌てて読み返しました。するとまあ真相はこうこうこうでここがこう繋がってたのかなあ、というのが見えてきた気は……するけれど。ああ自信がない。
    普通ミステリの解決編ってのは、ぽんぽんと手掛かりをいくつか出した後で「これが真相ですよ」てのも出してあるものなんだろうけど。この作品は、「手掛かりは出してやったから、あとは自分で考えろ」みたいな印象が。ほんっとうに考えさせられます。賛否両論わかれる作品だってのはこの部分かな……。

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/5963499.html)
    横溝正史賞候補(2000/20回)

  • WA☆KE☆WA☆KA☆RAN。しっかり集中して読まないと駄目ですー。

  • 学園青春もの…の仮面をかぶった本格ミステリー。

    学園ものだと思って軽い気持ちで読むとミステリーの部分で難解になってくるので、心して読むことが大切…と思った。

    犯人は結局…あの人?

  • ミステリ、と言うよりは青春もの。トリックが許せる人と許せない人にくっきり分かれそう。<br>
    初期構想の時点で読んだことがあるのだが、その時よりはずっと取っつきやすくなっていると思った。<br>
    新作を期待して掲載。

全5件中 1 - 5件を表示

ヴィーナスの命題のその他の作品

真木武志の作品

ツイートする