続巷説百物語 (文芸シリーズ)

著者 :
  • 角川書店
3.76
  • (182)
  • (108)
  • (325)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 1071
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (761ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048733007

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんでしょう…読後はいいようのない不思議な感覚に包まれました。前作の又市一味の大仕掛けは健在です。ですが、その仕掛ける理由や目的というのでしょうか、そういったものが前作とは変わってきていて物語が進むにつれて切なく、寂しい気持ちが増していきました。何気なく読んでいる側の自分にも、百介のような覚悟を突き付けられている気がしました。

  • 借りて読了。最後の「老人火」で涙。ハッとさせられる言葉もたくさんでステキな読書時間だった。又市さんとおぎんちゃんにはもう逢えないのかな。寂しい。

  • 十数年ぶりの再読。
    オムニバス?ながら各話の人物が少しずつ絡み合いながらメインの『死神』に集約する。
    ラストの『老人火』は切ない。

  • 前作「巷説百物語」から、複雑に絡み合った縁が、近作「続巷説百物語」の死神で終結します。
    時代を経ることに数多の人々の念に、読んでいて心を押しつぶされそうになりながら読み進めました。
    もうどうしようもなくなり「誰か助けて」と願っていたところに、又市さんが登場して救われた気持ちになります。
    小悪党で、強請りたかり・詐欺はするけれども、人の道は外さない。そんな又市や仲間は、善人ではないけれどもヒーローと言っていいのではないでしょうか。
    自分は、表の世界しかみたことのない人生ですが、だからこそ又市たち裏の世界への尊敬とあこがれが理解でき、最終話の「老人の火」でのせつなさに、じわじわ涙しました。

  • シリーズ第2作…かな?

    ナンバリングされてないから、順序がいまいち分からない(笑)?

    連作中編的な物語は、かなり好きな部類。
    最後の別れの切なさがなんとも言えないところ。

    人気シリーズだったと記憶してるが、“二度と会うことは無かった”という別れを描かれた山岡百介は、シリーズ通してのレギュラーキャラなわけではなかったということか。

    ★4つ、8ポイント。
    2014.11.14.了。

  • とてもおもしろかった。悪党を懲らしめながら表にでず、それらを妖怪のせいにしうまくまとめるやり方がとてもよかった。

  • 【状態】
    展示中



    1

  • これは、この巻はショックを受けた。

    巷説の続きだ~!とウキウキとして読んだけど。

    前半まではウキウキだったけど、後半がね…。

    又さんらの仕掛けは、胸のすく・溜飲下がるってのんももちろんあるけど、
    やはり、哀しい、もの悲しい、やりきれないものの方が多いかなぁ。

    哀しいもんだね。

  • 又市たちと山岡百介の別れまで。又市が山岡を知り合い以上に引き上げた話の『鮒幽霊』が載っているのはこの本。
    最後はちょっとせつない話だった。
    アニメとは全然違った。アニメは右近の妻は死んでないし(実際は死んでたけど右近はそれに気づかないふりをして〜って考えたらちょっと怖くなった)、黒幕は又市たちのバックにいた奴だしと、細かいところが結構違う。
    原作はアニメと違い、全く山岡とおぎんをプッシュしていなくて(むしろ又市とおぎん寄り)、期待していた身としては残念だった。アニメの山岡を心配するおぎんを、治平と又市が顔を合わせてニヤニヤするところが好きだったのに。
    原作は、本当に山岡を巻き込まないように細心の注意を払っているのが見受けられて、こいつら優しいなーという思いになる。
    治平が死亡ラストは、その過程が分からないだけにちょいとショック。アニメの治平は『刀語』の真庭蝙蝠の骨肉細工並みに身体を変化させていてビビったけど、声も姿もしっくりきてた。惜しい人を無くした……。
    山岡はもう江戸を出なかったというのが、とても寂しい。

  • 「巷説百物語」の続き(あ、タイトルまんま)。前作で旅の途中でひょんな事から関わりを持った小股潜りの又市ら小悪党の仕掛る大風呂敷は相変わらず見事。だが今作では、表の世界しか知らなかった山岡百介が、そんな彼らの重すぎる過去に徐々に触れていく。そして…。
    この関係を保ったままの作品をもっと読みたかった。

全103件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

続巷説百物語 (文芸シリーズ)のその他の作品

京極夏彦の作品

続巷説百物語 (文芸シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする