アラビアの夜の種族 (文芸シリーズ)

著者 :
  • 角川書店
3.88
  • (106)
  • (77)
  • (106)
  • (7)
  • (8)
本棚登録 : 618
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (659ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048733342

作品紹介・あらすじ

聖遷暦1213年、偽りの平穏に満ちたカイロ。訪れる者を幻惑するイスラムの地に、迫りくるナポレオン艦隊。対抗する手段はただひとつ、読む者を狂気に導き、歴史さえも覆す一冊の書-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聖遷1213年、西暦では 1798年。
    訓練された軍人奴隷のマムルークたちが支配してきたエジプトにフランス軍が迫る。
    指揮するは28歳の青白い顔の司令官、ナポレオン・ボナパルト。

    エジプトを収める23人の知事(ベイ)。それぞれの動き。
    大軍を率いる者。
    裏から操る者。
    そして密かにフランス軍を壊滅させる策を練る者。
    軍隊を破滅させる策。破滅させる。フランス兵を。極微の献上品によって。それは書物。

    読者と特別の関係になる書物。
    読者を破滅させる書物。
    現実を混濁させる物語。「災厄(わざわい)の書」

    本当に望まれたときに語り部は現れる。
    譚る者と譚られる者。 夜の種族。

    この世の捨て子たちの物語。
     怪異な顔立ちを持ち魔物と交わったアーダム、
     白子としてこの世ならぬ美貌と屈折した心を持ち魔力を身に付けるファラー、
     生まれながらの豪胆さと明るさを持つ盗賊サフィアーン

    夜が朝(あした)に代わり、朝(あした)が夜に代わる。
    物語は不死ではないから、その記憶の運び手が強靭でなければならない。すると物語は譚られることにより不滅になる。 それが譚られる間はエジプトは滅びないといわれる物語が続く。
    そしてその物語が終わる時。

    ***
    ナポレオンのエジプト遠征の歴史的結末は分かっているので、それにどう向かっていくか、という物語内の現実と、
    人や書物を死なせないためには譚り続けることという言葉の力を入り混じらせた物語。
    マムルーク王朝の事は全く知らなかったので、検索してみたところ、物語に出てくる人たちは実在の人物だったり、実際の事柄を元にしていたので”応えあわせ”もなんだか楽しかった。

  • 千一夜風に語られている間はナポレオンのカイロ侵略は起こらないという,摩訶不思議な理屈で夜に夜を重ねて物語が続く.「妖術師アーダムと蛇のジンニーア」と「美しい二人の拾い子ファラーとサフィアーン」の物語が重なりもつれあって万華鏡の世界が広がり,最後終わるかと見えたこの長い夜のさきに語り手と聞き手を入れ替えた新たな物語が始まる.まるで覚めない長い夢を見続けているようだ.

  • 千夜一夜物語×ダンジョン探索RPG。夜の種族が語るアーダム、サフィアーン、ファラー三者の物語。それを19世紀ナポレオン侵攻下のエジプト人たちが筆記する。さらにそれを21世紀サウジアラビアを訪れた日本人が邦訳する、という入れ子構造の物語。
    本書は装飾過多と思われる文言が並び、内容に比して文章が非常に長い。しかし一見無駄に長いと思われる夜の種族の語りが、効果的に物語内に時間を創り出している。夜の種族の20日間にわたる語りの長さを、作中の聴き手と読者が共有することで、ただ文章を読むだけでは感じ得ない時の流れを体感できるようになっている。また、ダンジョン探索RPG風味なのは、長い物語を飽きさせない工夫なのかもしれない。
    しかし、いくらアーダムたちの物語がメインといえども、入れ子構造の外側に行くほど内容が陳腐化するのは残念。外側の描写は主に本書の終盤で描かれる内容であるが、ナポレオン侵攻の設定も、夜の種族の物語の余韻も、あまり活きていないように見える。
    クライマックスは、魔王サフィアーンの身体に乗り移ったアーダムと、アーダムの書物を読み込み魔導を極めたサファーとの一騎打ち。アーダムが己れの書物と闘っていることにだんだん気付き、焦り、最後に悟る様子が面白い。アーダムvsアーダムという意味では、最初から最後までアーダムの物語だった。

  • おもしろいんだけど……うーん、ハマりきれなかった。序盤はグイグイ読み進められるのだけど、後半、物語が収束に向かっていくところでファンタジー色が強くなりすぎるし、激しいバトルシーンの描写を細かくやりすぎているのが一因かもしれない。しかし、「書物」をテーマにした壮大な物語としては著者の力量が存分に感じられ、なかなか圧倒される。本好きによる本好きのための物語であり、そして本が読者を飲み込んでしまう物語でもある。あまり時間をかけず、連休などを使って一気に読んだほうがたぶん楽しめる。

  • まぁぐいぐいと読ませてくる。
    ページをめくる手が止まりませんでした。

    文章も軽妙でありながら濃厚で、夢中になってくると酩酊感がありました。この感覚「大審問官」を読んだときにもあったな。

    構成が変態的。良い意味で
    緻密に計算されて書き上げているようにも思えるし、一種のトランスの中で書き上げているようにも思える、ある種の毒を持った本でした。

    一年後かにもう一度読み返してみよう。


    ファラー?

  •  ひたすら面白い物語を書こうとしたんだと思う。で、ジャンルとか売れ線とか度外視で、とにかくやたらと面白い物語が生まれた。そういう意味ではエンターテイメント小説の2大ジャンル、SFとミステリの賞を両方とったのも納得(2002年の日本SF大賞、日本推理作家協会賞を受賞)。
     恥ずかしながらこの著者の作品はこの本が初体験だったわけですが、会話調の文章がとても生き生きしていて、とても「読ませる」。と思ったら、戯曲の流れの人なんですね。どうりで、流暢かつメリハリある語り、騙り。
     これから読む人へのアドバイスとしては、日曜日に読み始めると月曜の朝方まで読んでしまう可能性が大なので、三連休の初日くらいをお勧めします(笑)。

  • 面白かった。バトル系は苦手なのでそういう場面では少々つまづいたけど、古川にしてはリーダビリティが高い文章なので659ページのボリュームもなんのその、苦もなく一気に読み終えた。設定も構想もよく練られていて「すげーな!」と感心してしまう。ただなんでだろう、こんなにも楽しめたのに心にズシリと響いてくるものは何もなかったという、、、。まっいいか、たまにはそういう読書も。

  • いやー、非常に非常に面白い作品であった。
    アラビアンナイト形式で進行する物語に、
    ナポレオンのエジプト東征が絡んだ壮大なファンタジー。

    語彙豊富な文章と、やや芝居がかった台詞回しにも惹かれる。
    途中、Dungeons & Dragons 、Wizardry、
    DRAGON QUEST をどうしても想起してしまった。
    戦士と魔法使いはどちらが強いのか?
    やはり魔法戦士には敵わないのか?
    僧侶、吟遊詩人、レンジャー、盗人、遊び人、踊り子入り乱れての大騒ぎ。
    パフパフ有りr(^ω^*)

    最初の「はじめに」と最後の「仕事場にて」もイイ味だ。
    読まずに死ぬわけにはいかない傑作であると理会。

    2002 年 日本推理作家協会賞受賞作品。(何故に?推理小説?)

  • 読了

  • どんどん次が読みたくなる。次の夜が待てなくなる。

    最後のページに感じたのは歓喜?恐怖?

全93件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1966年福島県生まれ。2002年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞と日本SF大賞、06年『LOVE』で三島賞、15年『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞と読売文学賞(16年)を受賞。

「2017年 『非常出口の音楽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古川日出男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古川 日出男
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
村上 春樹
伊坂 幸太郎
古川 日出男
伊坂 幸太郎
古川 日出男
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

アラビアの夜の種族 (文芸シリーズ)に関連するまとめ

アラビアの夜の種族 (文芸シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする