GOTH―リストカット事件

著者 :
  • 角川書店
3.73
  • (995)
  • (803)
  • (1713)
  • (78)
  • (30)
本棚登録 : 6123
レビュー : 862
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048733908

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初乙一さん本。内容をよく知らないまま読んだけど余り楽しめなかったのでちょっと残念。狂人達の共演作品。「土」と「声」はそれぞれ騙された。

  • 相変わらず好きな乙一さん。薄暗いのに怖くないところがとても好き。

  • グロいが面白い。よい。

  • ずいぶん前に読んだので、内容が思い出せない…

  • 犯人が異常者というのはお決まりだが主人公も異常者というのは新しいなと思った。
    犯人を含め出てくる登場人物も鮮明に描かれ読みやすかった。個人的には森野夜が好きになりました。

  • 彼のその言葉に安心してしまう。こういう自分は森野側の人間なんだろうなー。

  • 短編ですが、短編にしとくには勿体ない内容だと思う。
    特に(暗黒系)(記憶)は登場人物変えちゃって長編でも絶対面白そう。
    初の乙作品ですが、作者本人のあとがきを読んで他の作品も読んでみようと思いました。
    作者本人がミステリ力を強く、読み手に先をよめないようにを意識して書いたらしく、最後の方の書き下ろしの作品は(ん?)ってなりまくりました・・・その(ん?)が展開がよめなくての(ん?)ではなくて、マジに意味分からんの(ん?)になり、ちょいもどかしいかった。

  • うーん、なんか、作者が苦悶している様子がうかがわれて辛い。叙述トリックっぽい引っかけが目立つのも含めて。

  • 電子書籍。なるほど。このミスでも上位に入り、本格ミステリーの賞ももらっている作品だけあります。短編それぞれに色々なしかけがあって面白い。書き方のトリックは「声」が1番「お〜。そういうことね」と本格らしい驚きがあり。しかし本当に天才ですね。この作者は。描写の表現が素晴らしい。この作品で1番好きなのは「犬」すね。切ないなあ。

全862件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

乙一の作品

ツイートする