皇帝ナポレオン(上)

著者 :
  • 角川書店
3.07
  • (0)
  • (1)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (683ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048734530

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 流刑地エルバ島にいた皇帝ナポレオンは、島を脱出しパリに向かった。それに合わせて新聞記者モンデールはナポレオンと因縁の深い女性たちに彼の素顔や歴史の舞台裏を取材した。

    ナポレオンという名は知っていたが何をした人物か全く知らなかった。そこで、700ページ弱もある本書を手に取った。これだけ厚ければ、一通り書いてあるだろうという思惑で。

    視点が面白かった。歴史の裏には必ず女性がいる。あの時、あの決断はナポレオンの妻によるものだった、みたいな。
    絶対王政ブルボン王朝による貴族の繁栄から市民革命を経ての中産階級に基盤を置いた民主主義。時代の過渡期に運命に導かれるように現れたナポレオン。勉強になります本書は。

全1件中 1 - 1件を表示

皇帝ナポレオン(上)のその他の作品

藤本ひとみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
奥田 英朗
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする