霧の夜の戦慄―百年の迷宮

著者 :
  • 角川書店
3.65
  • (6)
  • (10)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048734844

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 16歳の少女・綾は、父親を不慮の事故で亡くし、スイスの寄宿学校に留学することになった。
    寄宿舎での1日目、不思議な睡魔に襲われた綾は意識を失う。
    そして気がつくと、なんと1888年のロンドンで「アン」という名で暮らしていたのだ!
    街は、殺人鬼(切り裂きジャック)の影に怯えていた。
    以前からこの事件に興味をもっていた綾は、自分の手で捕まえると意気込むのだが―。
    (アマゾンより引用)

    おもしろかった(*´∀`*)
    夜更かしして読んでしまうほどに…
    内容的にはちょっと無理があるけど< ;`∀´>
    まぁ小説の世界なんで(笑)

  • 図書館にて借りました。

    はずれなしの赤川作品。
    「ジャック・ザ・リッパー」

    つい名探偵コナンの「ベーカーストリートの亡霊」を思い出した。
    背景の描写が素敵な作品。

  • 赤川さんのほんで一番好きな話です。

  • 本の表装がとても素敵。

  • 赤川作品としては 一番読み応えがあった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

霧の夜の戦慄―百年の迷宮のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする