ツ、イ、ラ、ク

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.74
  • (109)
  • (70)
  • (137)
  • (21)
  • (6)
本棚登録 : 499
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048734936

作品紹介・あらすじ

森本隼子、14歳。地方の小さな町で、彼に出逢った。ただ、出逢っただけだった。雨の日の、小さな事件が起きるまでは。苦しかった。切なかった。ほんとうに、ほんとうに、愛していた-。姫野カオルコの新境地、渾身の思いを込めて恋の極みを描ききった長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんと激しい純愛小説か!?
    全編肉欲にあふれている。こんな恋愛モノははじめてだった。しかもそれが純愛とは(笑)

    物語も登場人物もいきいきと、そしてなまなましく、ときに乱暴に描かれる。
    言葉があふれてほとばしるとはこうゆうことかと思いながら読み進めた。

    一章、二章の子供時代がちょっと読みにくかったけどその後の物語のスピードは凄かった。

    内容的にはこれはR指定ではないのか?
    表現だけじゃなく、この話は子供には解るめぇ~って感じ。
    今自分の過去を振り返っても中学時代が色鮮やかにきらきらと思い出すのはこうゆうことなんだよな、と納得のお答えをもらった気分。
    カオルコさん面白すぎです!!

  • 始めて読んだのがちょうど隼子と同い年。その時好きな先生がいて、こんなふうに二人だけの共通の、誰にも言えないいけない秘密を持てたらなと思っていました。ちょっと下心を持ちながら。それから時間が経って、私も14歳じゃなくなって普通に大学に入って、もう一度、読みました。もし河村先生がもう少し年上で、隼子が卒業してから好きだった先生のことを忘れてしまうような子だったら……こんな大きな愛を知ることは永久になかったのだろうと思います。表向き賛成出来るような関係ではない二人ですが、二人はそういう人達には理解されることのない幸せの中に生きていることが出来たのだと思います。

  • 激しくも、哀しい恋愛小説。
    お互いを嫌悪していた教師と生徒は、互いに惹かれあい、恋に落ちていく・・・深く、深く。

    恋愛小説であり、人間ドラマでもある。それぞれの想いが交差して、複雑に絡み合う人間関係。
    相手を想うことは、どうしてこんなにも切なく、苦しいんだろう。

  • 教師と中学生の女の子の恋愛のお話○●恋に"落ちる"ではなく"墜ちる"。官能的な描写も多いけど、これは確かに「最強の恋愛小説」!!

  • 中学生とその教師との禁断の愛。官能的な描写も多くてビックリしました。
    でも、中学生の女の子って。同級生の男子と比べてみると「大人」な考えしてますね。

  • 2008/1/11 読了
    426ページ

    一人の女性の、小学生2年生から中学生までと34歳の恋愛を書いた作品。
    田舎の、すぐに噂が広まるような閉鎖された感覚と、そこで育っていく同級生。
    ものすごく密度の濃い世界をがっちり表現している。
    展開も緻密で、時間の経過とともに登場人物たちがちゃんと成長し年をとってく。

    言うほど性的な描写はないのに、すごくいらやしくとても生々しい。
    でも、それは作品でなく、自分の中にある過去をさらけ出してしまうからだ。
    誰にもある苦い思い出を、強烈にえぐり出してしまう。

    読みながら、自分の中学時代がフラッシュバックされる。
    交換日記をしたり、好きな人の視界に入るコトを望んだり、お揃いを持って喜んだり。
    キスなんてしてないし、手すら繋いでないのに、あんなにドキドキでちょっと後ろめたい時間はあの頃だけだった。
    そこには初恋という言葉が持つ爽やかで甘酸っぱい雰囲気はかけらもなく、もっと本能的な恋愛が存在してた。
    自分の妄想の中で、束縛して心も体も繋がって。妄想は理性で押さえ込んで。それぐらい中学時代の恋愛は素直で残酷で、"生々しい"。

    そういう感情が余すところなく描かれていて、いつまでも新鮮に心に残る。

  • あの頃を思い出して、しんどくなる。自分のことは見えていないが、愛されようとして、愛されていると思い込む。妄想力は、今より強力で、それが若いということだと知るのは、いつだって後になってからだ。
    新しい世界を見たい好奇心と有り余るエネルギーを上手に出しきれないフラストレーションが動力となって、どこまでも危険な道を進んだ。
    丁度よい所で止まれず、飽きたことにすら気づけない。無謀だし、そこまでする必要は今思えばなかったのだが、あの頃を経たから、今があると思う。今だって振り返ればそうなのだろう。何歳になっても闇雲感は拭えない。若さとは違うパワーを得られた。170830

  • 面白かったです。始めの小学生時代の描写には参って、女子ってめんどくさい…と読むのを辞めようかと思いましたが、諦めないで良かったです。中学時代、隼子が恋愛に陥っていく様に圧倒されました。すごい熱量でした。墜落、というタイトルはぴったりです。恋愛って陥って、どっと流されていくものだな、と改めて思いました。残酷な展開でしたが、ラストシーンで救われました。良かったです。

  • 恋は落ちるものなのだー?

  • 小学時代は可愛らしかったのに、どんどんメンドくさくなってく。体育教師はだいたいヘンタイ。「ゴミ箱の中身を完全に消去します。よろしいですか?」「はい いいえ←」

全115件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

姫野 カオルコ(ひめの かおるこ)
1958年、滋賀県甲賀市生まれの小説家。青山学院大学文学部卒業。大学在学中から雑誌ライターとして活動。大学卒業後、画廊勤務や事務員アルバイトを掛け持ちしながら小説を執筆。1990年、持ち込み原稿から刊行された『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。 
『ツ、イ、ラ、ク』『ハルカ・エイティ』『リアル・シンデレラ』でそれぞれ直木賞ノミネート。そして2013年『昭和の犬』で直木賞受賞。その他代表作として、映画化された『受難』など。

ツ、イ、ラ、クのその他の作品

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫) Kindle版 ツ、イ、ラ、ク (角川文庫) 姫野カオルコ
ツ、イ、ラ、ク (角川文庫) 文庫 ツ、イ、ラ、ク (角川文庫) 姫野カオルコ

姫野カオルコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツ、イ、ラ、クを本棚に登録しているひと

ツイートする