後巷説百物語 (Kwai books)

著者 :
  • 角川書店
3.73
  • (221)
  • (132)
  • (422)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1338
レビュー : 161
  • Amazon.co.jp ・本 (779ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 後。
    誰だい。私のこの一冊を所持している友人は。

  • 初京極。風邪で学校休んだ日に買ってもらった。いきなり赤えいは衝撃だったなぁ。

  • 「続巷説百物語」で綺麗にカタがついたことだし、これ以上の続編は蛇足じゃなかろうかと危惧したものの、杞憂。百物語に始まり百物語に終わる、まさにこれぞ三部作といった感の美しいまとまり! ……あれ? だけど「前巷説物語」なんてものも出るの?(笑)
    今回は以前までと時代背景が変わり、過去の回想物語という体裁。なのでまた仕掛けが入り組んでて、読み応えばっちり。過去の事件と現在の事件、ひとつで二度美味しいという贅沢なつくりに感服。ただし当然ながら、「巷説百物語」「続巷説百物語」をまずは読了していること必須。
    今回最も印象的だったのは、やはり最終話「風の神」。「百物語と怪異の解釈」も興味深かったし。百介が初めて行う「仕掛け」にも感心。そしてあのラスト。このシリーズの最終話として完璧。
    しかし完結したようにも見えて、謎も残ってるんだよなあ。又市の一番の大仕事とか(「続巷説」のあれじゃなかったのか~)。本当に百話いくまで終わらなかったりして。

  • 京極夏彦の「巷説シリーズ」第3弾。
    先日「前巷説」を読み、読み返している最中です。

    文体は百助の語り口調になっているという点で、シリーズの中ではちょっと違った印象を受けますね。
    ここだけ(どこ?)の話、最初に読んだとき、又一ファンとしては、明治キャラたちのけんかのようなそうでない鬱陶しいやり取りは、なんとなく読み飛ばしてしまって、百助語りと小夜さんの突っ込み部分のみ、執着して読んでしまっていたので(苦笑)、今回は反省し、じっくり丁寧に読んでいます。

    感想は読了後に。

  • だいぶ昔に読んだ本。

    百介、切ないな。

  • やっぱり京極さんはすごいなと思った一冊です。
    本人が感じたことと他人が感じたことの不一致の話をここまで面白くできるのはすごいなと思いました。

  • 「巷説百物語」のシリーズもこれでおしまい。

    「前巷説百物語」をすでに読んでしまったので、私にとってもこれが最後。

    この巻だけ、江戸時代が終わり明治に入ってから。時代背景が変わっています。
    そのせいか今までのものとはだいぶ雰囲気が違います。

    「京極堂」シリーズに似ている印象を受けました。
    だからなのか読むのに時間がかかりました。今までは一気に読めたんだけどなー。

    このシリーズ面白かったです。なかなか。

  • ま、ま、又一さぁん!

  • 祝、直木賞!!!
    これは泣いたなぁ・・・。

  • 「――御行奉為」
    又市が仕掛ける「仕掛け」も毎回驚かされる。

全161件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

後巷説百物語 (Kwai books)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする