後巷説百物語 (Kwai books)

著者 :
  • 角川書店
3.73
  • (221)
  • (132)
  • (422)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1338
レビュー : 161
  • Amazon.co.jp ・本 (779ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書き方が変わっていくのがいい!
    主人公が4人の男になったり、百介さんの独白になったり、
    はたまた過去になったりと、
    飽きさせない。飽きるヒマもなくドンドン話が進んでいって、
    グイグイ引き寄せられる

    本当にすごい。すごすぎる。
    完成度が半端ない
    感動通り越して驚愕です。

  • 直木賞を受賞した京極夏彦の代表作。
    維新を経て明治に時代が変わり、巷で騒がれる奇妙な事件を解決しようとする4人の男たちと、彼らに知恵を貸す「一白翁」こと山岡百介のお話。

    この時代になると「又市」達が生きてるのか死んでるのかも分からない状態だが、「山岡百介」のかかわる事件に「又市」たちが関わっていたなごりがあったりして、それを懐かしむ「山岡百介」がなかなかせつない。

  • おもしろかった。
    物語の順番どおりの方が楽しめる。

  • 大好きです。最後は涙なくしては読めません。

  • 新書版(C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
    文庫版(角川文庫)

  • 泣きました。
    「巷説」読み始めた頃は、正直これで泣くとは思わなかった。
    でも・・・ラストは本当に泣けます。
    「巷説」→「前巷説」→「後巷説」の順に読むのがおすすめです。

  • 百介さんの老後・・・

  • 見返し
    “恵比寿像の顔が赤くなるときは、恐ろしい災厄が襲う”
    明治十年。一等巡査の矢作剣之進は、ある島の珍奇な伝説の真偽をめぐり、
    友人らと言い争いになる。議論に収拾はつかず、ついに一同は、
    解を求め、東京のはずれに庵を結ぶ隠居老人を訪ねることにした。
    一白翁と名のるこの老人は、若い頃、百物語開板のため、
    諸国の怪異譚を蒐集してまわったほどの不思議話好きだという。
    翁は、静かに、そしてゆっくりと昔の事件を語り始めた。
    鈴の音とともによみがえる、あの男の声を思い出しながら。
    「御行奉為−」

  • …京極夏彦作港説百物語の第三作目。
    前二作と違って視点がめまぐるしく変わる。が、一白翁(百介)の回想とともに懐かしい世界へとのめりこんでいく。
    流石!と思ったのはこんなところに京極堂作品に繋がる布石があったということ。ファンとして思わずニヤリ。
    でも読み込んだ分、読後感は突き離されたような寂しさも。

    …図書館から借りた後に一回読んでたことに気付くorz

  • 表紙の絵がすてき。
    時代は明治維新後。巡査が伝説についての議論や面妖な事件に行き詰まると翁に相談に行く。どの事件も一見、妖怪が起こしたかのように思えるが実は人の錯覚や思いこみ。
    「赤えいの魚」は島の異常さが怖くて、残酷で衝撃をうけた。でもこの本の中では1番。それと「手負蛇」の伝説が執念深くて気に入っています。笑

全161件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

後巷説百物語 (Kwai books)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする