後巷説百物語 (Kwai books)

著者 :
  • 角川書店
3.73
  • (221)
  • (132)
  • (422)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1338
レビュー : 161
  • Amazon.co.jp ・本 (779ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前巷説から続く、百介と又市さんたちの絆に感動です。
    長年会えなくてもお互いを信頼して思い続けているのが伝わります。

    前巷説・巷説・続巷説から経過順で一話ずつ読み返したいです。その上で、最後の百介の語る百物語は涙なしでは読めません。

  • とても面白かった。ラスト少し切ない。

  • 時代が江戸から明治にうつり、4人の若者達が様々な怪異に立ち向かう。その中で出てくる一白翁が百介の老後の姿である。
    話の内容、展開、結末等とてもおもしろく、とにかくすごいと思った。最後の話も百物語であったり、与次郎の仕掛けや骨を集める宗教等、他ともつながる話があったりとにかくすごい。

  • 本当は「続巷説・・」を読まないといけないんですが、図書館の関係上こちらを読みました。そうかー、百介さんそんなおじいちゃんになったんだ。しかも腹芸まで出来るようになって。読み始めると止まりません。

  • 請求番号:913.6/Kyo

  • 巷説百物語、シリーズ第3弾!
    舞台が江戸の前2作より、時代は明治に移り変わり
    年老いた百介が昔におきた又市の仕組んだ妖怪事件を語り聞かせながら、今の事件を解決するきっかけを与えていく。
    又市らの鮮やかな手口の大仕掛けと胸をすく活劇、
    そして、それを語る百介の妖怪が無用の長物と化した時代に対しての寂寞の思い―。
    文豪・京極夏彦の直木賞受賞作品です!

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://lib.nit.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00019445&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • ずっと、ドキドキするから手を付けていなかったんだけど、
    どうしてもやっぱ気になるから着手。読了。


    時代が進んでいるから、仕掛けの真っただ中にいるような、あの百介さんと一緒に味わうような臨場感はないんだけど、

    百介さんと一緒に味わう懐かしさ―みたいなのがある。


    百物語から始まって、ようやく
    長かった百物語が終わったんだなぁ…としみじみしてしまいます。


    最後の話がよかったなぁ。

  • 山岡百介のその後。かなり時間がたって倒幕後の話。山岡は一白翁と呼ばれるご老体になっている。
    主人公は若い頃の山岡にちょっと似てる。主人公の笹村の周囲の人間が好きになれないけど、後日談とか所々に出る山岡と又市たちの思い出に惹かれて、なんとか読破。
    最後の話が好きだ。
    それにしても、山岡は又市たちを好評価しすぎだろう。大好きすぎる、と言っても可。
    風鈴が置いてあって、その音がりん、と表現されていたのは、又市プッシュの結果じゃないかと勘繰っている。鈴の音とは似てないだろうけど、りんと鳴るたび懐かしんでいたのかも。
    小夜の母の形見がよかった。山岡が最初に開板した本の奥付を又市が持っていたということは、又市もぎんもその本を読んだだろう。いざというときの保険だとしても、山岡が本を出したというのは知っていたのだ。偽名だったのにである。これは山岡も読者も嬉しい話だ。
    おぎんの夫が気になる。又市じゃないといいんだけど。いや又市でもいいけど。山岡とおぎんが幸せになるという道はやっぱり無かったんだろう。寂しい。
    小夜は大切に育てられたんだろう。山岡が死んだ後はどうするのだろう。働くだろうけど、女の子一人で生計大丈夫かな。
    山岡の最後がきれいだと思う。白い人影は、山岡が又市といた頃の又市だろうか。山岡にも「御行奉為――」って言ってほしい。

  • ひとつひとつのお話が精密な作りです。時間をかけてゆっくり読める本です。登場人物にも愛着が持て、もっとお話しが読みたくなります。

  • 又一たちと別れ何十年と経ち翁となった百介が語るお話。


    又一の仕掛けは何十年経っても生きていることに驚くと共に、その先を読む能力に脱帽です。

全161件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

後巷説百物語 (Kwai books)のその他の作品

京極夏彦の作品

後巷説百物語 (Kwai books)を本棚に登録しているひと

ツイートする