幸福を売る男

著者 :
  • 角川書店
3.14
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048735650

作品紹介・あらすじ

リストラされ、女房に逃げられた上条真二郎は、なにもやる気がない毎日を向島のマンションで送っていた。ある日、真二郎は出版社に勤める、大学時代の同人誌仲間・石山から、官能小説を書くことを勧められ、小説を書き始める。女房しか知らず、女に縁がない真二郎だったが、題材を探して隅田川沿いを散歩中、橋に佇む女に強い関心を抱く。彼女を尾行し六本木まで向かいながら、もう捨て去っていたと思っていた真二郎の恋愛感情が呼び戻される-。隣に住む芸者。石山の後輩の女性編集者。料亭の女将。様々な女性の悩みに触れるうちに、真二郎は…。大人の男が女性にしてあげられることとは-。大人の生真面目な、恋と、性と、愛の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4-04-873565-9 505p 2005・4・25 初版

  • 耐震設計の仕事に携わっていた真二郎は、長年連れ添った妻との離婚やリストラを経験することになるが、友人の勧めでエロ本作家を目指しながら、移り住んだ下町で知り合った人々との新しい暮らしが始まる。

  • なかなか面白かった。この年齢でこんなにモテたらいいなぁ・・・。

  • リストラされた上に離婚まで。
    そんな男が下町で知り合った人々との関係を描く。
    なんだか主人公がとってもいい人に描かれています。

  • こんな人いるのかなぁと思ったり。

  • 藤田さんのはほとんど読んでいるつもりですが、これは面白くない。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1950年福井県生まれ。早稲田大学文学部中退。パリ滞在中エール・フランスに勤務。76年『野望のラビリンス』で小説デビュー。95年『鋼鉄の騎士』で第48回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。その後恋愛小説へも作品の幅を拡げ、99年『求愛』で第6回島清恋愛文学賞、2001年『愛の領分』で第125回直木賞、2017年『大雪物語』で第51回吉川英治文学賞受賞。著書多数。

「2017年 『影の探偵 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田宜永の作品

ツイートする