ブレーキ

著者 :
  • 角川書店
2.97
  • (35)
  • (59)
  • (330)
  • (64)
  • (40)
  • 本棚登録 :923
  • レビュー :141
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736237

作品紹介・あらすじ

ブレーキを踏むと囚われた幼なじみが処刑される。彼女を救うためには、20キロの死のロードを走りきらなければならない!『ライヴ』に続く、山田悠介のノンストップ・サバイバル・ノヴェル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みんな似たようなのばっかりな気がする^^;

  • ―死ぬのか、俺は―!?生命をかけた熾烈な死の遊戯。生き残りたければ、勝つしかない!!ブレーキを踏むと囚われた幼なじみが処刑される。彼女を救うためには、時速100キロで走る車を操りながら、ブレーキを踏まずに20キロの死のコースを走りきらなければならない…。圧倒的な死の状況に強制的に巻き込まれた反逆者の運命は―!!絶体絶命究極の状況を5編収録。ノンストップ・サバイバル・ノヴェル。(e-hon)

    短編小説集。絶体絶命、究極の状況、という設定はライヴとも似ている。しかし、短編なのであっという間に結末がやってくるし、ドキドキハラハラする、という感じがより強い。
    表題作「ブレーキ」のストーリーも面白かった。しかし、どうしてもオチが気に入らないのは、もうしょうがないのかな・・・。
    山田悠介の作品で、オチまで完璧!というものは、この先も出てこないのかな?

  • 殺人サッカーとか爆弾ゴルフとか、色んなゲームのある世界の話。短編集。

  • 短編集で、グロい。

  • 軽い

  • ババ抜きがまさかの展開でびっくりしました。

  • この作者は作風をグロくするだけで売れると思っているのか?と思う程、一つ一つの話しの内容が薄かった。
    正直に言うと面白くなかった。
    作者については、他作品も読ませて頂いたが、もう少し日本語を勉強してから執筆した方が良い気がする。

  • これを買ったきっかけは、
    表紙とか描いたのが学校の憧れ?の先輩で
    1年の時にPCルームでの授業に手伝いに来てて
    わよっす!って思ったけど
    自分が座ってるブロック?には来なかったという

    絵が大好きです。

    で、読んだんですけど
    まあ、最終的になんかイマイチでした。

    なんちゅう感想・・・・


    途中までの盛り上がりとか
    スピード感はあったけど
    最後の締めがまさにブレーキでした。

  • ホラー小説、だったのか……。
    それぞれの仕組みは面白いと思ったけど、小説という媒体でその面白さを表現するのはなかなか難しいんじゃないか。
    最初の話は楽しめたかな。

  • 救いのない話は苦手です。
    「ババ抜き」だけ読んだことあるなあ。どこで読んだんだろ。

全141件中 1 - 10件を表示

ブレーキのその他の作品

山田悠介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
乙一
ZOO
乙一
山田 悠介
山田 悠介
山田 悠介
山田 悠介
有効な右矢印 無効な右矢印

ブレーキを本棚に登録しているひと

ツイートする