天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (3)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736367

作品紹介・あらすじ

11年前、抜刀術・名雲草信流本家を悲劇が襲った。末の妹・綾が放火により焼死してしまったのだ。犯人は、一年後、別の現場に残された遺留指紋が決め手となって捕まった、飯浜幸雄。名雲家長男・修作がつきあっていた奈津の父親だった。修作の父・名雲和也は公判に出廷した飯浜に襲いかかる騒動を起こし、その後、失踪。奈津は母親とともに土地を離れて行った。そして飯浜にはその後死刑判決が出たが、執行はいまだなされていない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰の視点かわからなくなることが多く、少し読みにくい。

  • こっちは期待通り面白かった!悪役もなかなか光ってた。ハッピーエンドじゃないけどそれなりに納得の終わり方。長かったけど一気に読めた。主人公がちょっと可哀想すぎるけど。

  • ハードボイルドミステリー
    ちょっと呆気ないカンジ

  • タイトルに惹かれた。

全4件中 1 - 4件を表示

天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドアのその他の作品

沢木冬吾の作品

ツイートする