アムネジア

著者 : 稲生平太郎
  • 角川書店 (2006年1月発売)
3.23
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
  • 45人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736411

アムネジアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お願いですから、もっと作品を書いて下さい!!!!><

  • 稲生さんの作品を読むのはこれで2作目ですが、海にドボーンと落とされたような、宇宙にドスーンと打ち上げられたような、そんな不安感に襲われます。
    なんや知らんが、怖い。

  • 編集プロダクションに勤務する島津伶は、ある会社の社史を編集中、そこに登場する人物の死亡記事を目にするのだが……。
    M資金や永久機関など、断片的なキーワードのみが与えられ、その核心は明示されない不可解な存在に日常が浸食されてゆく描写が秀逸。複雑な入れ子構造もあいまって、その不安定な酩酊感にゾクゾクさせられる。
    言葉では語り得ぬ何ものかについて語ろうと挑むかのような幻想小説。

  • これは難しい。万人受けはしないという理由が判りました。闇金融を暴く、みたいな物凄く現実的なキーワードから始まったにも関わらず、先に進めば進むほど不可解な世界に触れることになり、考えれば考えるほど判らなくなってしまった。謎解きの姿勢で挑んでも結果的にはすっきりしないんじゃないのかな…ただ、主人公が触れる未知の世界の描写がなんだかとても幻想的で美しく、そこが印象的でした。個人的には深く考えすぎずその辺りを楽しめば十分なのではないかと思います。

  • ミステリ……というか幻想っぽい印象の強い作品。やっぱり数々の道具立てと雰囲気がステキだなあ……うっとり。
    ちなみにタイトルの意味ってのは……へえ、そういう意味だったんだ。それが分かった後の展開が、非常にぞくぞくしました。巧く表現できないけれど、こういうのはかなり好き。

  • (2007.10)

  • 不可解

全7件中 1 - 7件を表示

アムネジアのその他の作品

アムネジア (角川書店単行本) Kindle版 アムネジア (角川書店単行本) 稲生平太郎

稲生平太郎の作品

ツイートする