英雄先生

著者 : 東直己
  • 角川書店 (2005年12月21日発売)
2.76
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736503

英雄先生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ボクサーとしての夢が破れて地元の松江に戻った池田は、高校教師として退屈な日々を送っていた。
    ある日、教え子の女子高生が失踪し、時を同じくして東京から戻ってきた幼なじみが変死体で発見される。
    池田は教え子の行方を追跡することになるのだが…。
    NO FUTUREなへっぽこ教師が奇跡を起こす!?
    (アマゾンより引用)

    なかなかでした。
    なかなかだったけど、結局郡さんを殺したのは誰だったんだっけ??
    あのサングラスは誰だったんだっけ???

  • 久しぶりの作者さん。大好きだった。けど。今回はなんと言うか。細かい描写は以前のままで面白いのに、話がどこへ行くのか見えなくてダラダラと最後まで。

  • 読みやすくて、話も好みです。
    でも、最初に詰め込みすぎたのか、最後の方があっけなさ過ぎて…。
    あ、終わっちゃったという感じでした。

  • とても軽妙なハードボイルドに仕上がっている作品。
    東らしい軽いタッチ、これはこれでなかなか好きだ。

    新興宗教がらみの失踪者を追っていくと、架空の大事件をもからめて事態は思わぬ方向へと収束していく物語は、過去の畝原シリーズやサイレントブリッジなどを想起させてくる。

    バカバカしい性描写も相まって、周囲にオススメはまるっきりできないけれど、ぼくにとってはとても楽しく読んだ作品になった!

全5件中 1 - 5件を表示

英雄先生のその他の作品

東直己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

英雄先生はこんな本です

ツイートする