夜市

著者 :
  • 角川書店
3.89
  • (417)
  • (429)
  • (464)
  • (30)
  • (13)
本棚登録 : 2215
レビュー : 498
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たいへんおもしろかったです。
    幻想的なお話って、起承転結がはっきりしてなくて「結局どんな話だったっけ?」ってなりがちですが、この本はきちんと話が終わるところがよかったです。
    梨木香歩さんの家守奇譚やジブリの千と千尋の神隠しよりちょっとこわくて、じーんとしみる感じでした。

  • 不思議な話。普通に生活している人が、ねじれた世界に入りこんで、抜けられなくなる。意外と自分の近くにもありそうで、なんだか怖かった。

  • 日本ホラー小説大賞ということなので、私には読めないジャンルの本だと諦めていたのですが、皆さんの感想に “ホラーというよりファンタジー” という言葉があったので、勇気を出して読んでみました(笑) 大丈夫でした。 
    確かに話の展開は考えると怖いものですが、その情景が人智を超えた神秘的なものに思えて、日本の神話を思わせます。考えれば考えるほど怖い気がしてくるので、やっぱりホラーなのでしょうね。
    恒川氏の他の作品も読んでみたい気がしますが、本物のホラーだと読めないし、ホラー指数があればいいのにと切実に思う今日この頃です。

  • オススメして頂いた作品。

    夜市のあのラストは評判通りの驚きの展開でした。
    終盤間近でのあの畳み掛けるような展開はわー!ってテンション上がりました。
    爽快な気分にもなったけれど、最後はとても寂しい気持ちになりました。

    でも、どちらかというと風の古道の方が好きです。
    あの薄暗い雰囲気と、あのなんともいえない後味が好き。
    切ないとも寂しいとも違うあの感じ。
    泣きそうで涙が出てこない感覚ってとても不思議でした。

    独特な世界感と、魅力的な登場人物達。
    何処か懐かしい香りがするのが、また不思議。

  • すごく良かったです。夜市といい草祭といい…恒川さんの描く世界観は本当に素敵です。幻想的で、どこか懐かしくて、和な雰囲気で溢れてます。誰にもこんな物語は思いつけないと思います。オススメです!

  • ホラーといっても、とても幻想的でファンタジックな一冊でした。
    怖いのが苦手という方も最後まで読めると思います。
    無駄のない文章がとても読みやすいので、普段本を読まない人にもお勧めです。

    目次を開いた時、なんとなく受賞作である『夜市』よりも、『風の古道』の方が好きそうと思ったんですが、読んでみるとその通り。
    『風の古道』は映画になってもきっと素敵だろうと思われる独特の世界観と構成で、なんだかとても美しいお話でした。

    『夜市』も『風の古道』も背筋がゾクゾクするような怖さだけではない、
    ホラー小説の魅力を感じさせてくれます。
    現実と異世界の境界線はとても曖昧で、読者をジワジワと物語の世界に引き込んでいく著者の手腕は見事です。

  • ダビィンチで紹介されていて、気になり借りてみて
    一気にファンになった。好きでずっと追いかけている作家さんです。

    デビュー作とは思えない世界観が好き。ホラーのような…ファンタジー。「風の古道」の雰囲気がたまらなく好き。
    映画化されると噂で聞いたけど…どうなったんだろうね。

  • この空気感・・・、未体験でした。
    ・・Σ ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ ゚д゚)   といったカンジであります。
    ↑ をうまく説明できそうにないので、「とりあえず読んでみて!」と人には薦めてます^^

  • よく似たイメージを上げると千と千尋の神隠しのような、
    モダンホラーな感じがすごく気に入りました。

    異次元の狭間にある夜市の様子はどこか懐かしいような
    印象で、子供の頃に行ったお祭りを思い出します。

  • 初めて読んだ恒川さんの本!

    恐ろしさ、不思議さ、切なさ。
    この本を読んだときの衝撃は
    半端じゃなかった。

    でもどっちかってというと
    夜市と一緒に収録されてる
    風の古道のほうが好き!

全498件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜市のその他の作品

夜市 (角川ホラー文庫) Kindle版 夜市 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎
夜市 (角川ホラー文庫) 文庫 夜市 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎
夜市 Audible版 夜市 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする