Sweet Blue Age

  • 角川書店
3.36
  • (64)
  • (160)
  • (402)
  • (36)
  • (7)
本棚登録 : 1949
レビュー : 211
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『あの八月の』角田光代、『クジラの彼』有川浩、『涙の匂い』日向蓬、『ニート・ニート・ニート』三羽省吾、『ホテルジューシー』坂木司、『辻斬りのように』桜庭一樹、『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
    いろんな人の話が読めて面白いかなと思ったのだけど、最後の森見登さんまで届かなかった。
    有川さんのは、『海の底』の冬原さんの話。
    『海の底』再読したいなと思った。

  • 有川浩さんの名前につられて手にした本
    有川浩さん『クジラの彼』(´・∀・` )アラッ既読本^^*思いがけず再読♪♡
    あとはよくおみかけする作家さんたちですが初読の方たちばかり
    『Sweet Blue Age』憂鬱な青春文学ベスト・トラック
    憂鬱な思いも青春のひとつ
    青春の時期が遠い昔すぎて(笑)私には若過ぎるお話し
    森見登美彦さん『夜は短し歩けよ乙女』
    (´・∀・` )アラッ?!映画化されていたお話し
    こちらは映画化されたお話しの前段のお話しのようですね
    京の摩訶不思議な世界観がファンタジーで、話題のお話しに少し触れることができよかったです

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    できたてのセカイと、憂鬱なわたしたちの物語。いま、最も鮮烈な7人の書き手がおくる青春文学ベスト・トラック集。

    短編集でした。
    角田光代  あの8月の、
    有川浩   クジラの彼
    日向蓬   涙の匂い
    三羽省吾  ニート・ニート・ニート
    坂木司   ホテルジューシー
    桜庭一樹  辻斬りのように
    森見登美彦  夜は短し歩けよ乙女

    有川浩と坂木司以外は初の作家さん。
    もうちょっとヒットあるかなぁ?って思っていたのですが
    桜庭一樹くらいかなぁ、別のものも読んでみたいと思ったのは。
    坂木司はもうちょっと読んでみよっと。

  • 軽く読めるが、一つ一つ面白い。

  • 感想はブログにて。
    http://croco.blog14.fc2.com/blog-entry-8.html

  • 有川さんの『クジラの彼』を読みたかったので、こちらで読めてよかった!有川さんの作品の男性は、良い男ばかりで読んでて楽しい^^他には『涙の匂い』が結構せつなくて好きです。

  • 遠い追憶に思いを馳せるような、もしくは後になってああ、あれはと胸を打つような青春を一冊に綴じたアンソロジーです。
    感想を順々に述べますと、

    「あの八月の、」…夜の大学へ忍びこみ、フィルムの中に過去の自分たちを観る。
    タイミングとか巡りあわせってあるよなあと感じました。
    「クジラの彼」…合コンで出会った、クジラ乗りの彼。
    再読です。さすが有川さん、やはり甘々でした。
    「涙の匂い」…慣れることのない田舎暮らしの中、ふと感じた覚えのあるにおい。
    ああ確かにこんないやなこと、素敵なこと、あるあるという感じでした。
    「ニート・ニート・ニート」…neatとneet。
    どこかレトロ漂う不思議な心地よさでした。まさに青春。
    「ホテルジューシー」…目の前にどっしりと横たわった、自由という空白を埋めるために。
    沖縄を見てみたくなりました。
    「辻斬りのように」…辻斬りのように、男に抱かれなければ。
    七竈の情景がとても美しく浮かびました。
    「夜は短し歩けよ乙女」…おともだちパンチを御存知であろうか。
    再読です。黒髪の乙女と、乙女に恋慕する路傍の先輩の巻。ポップでキュートでばかばかしい。そしてそこがいい!

    と、青春のかたちはさまざまであるということでした。

  • それぞれ簡単に。角田光代:大学生ってなんであんなモラトリアムなのかな。私も懐かしい気分になった。有川浩:再読。『海の底』を読んでから読むと全然感じ方が違う!日向蓬:初読み。まぁまぁ。嫌いではない。三羽省吾:初読み。うーん…あまり好きではないかな。坂木司:最近文庫本を読んだので割愛。桜庭一樹:再読。優奈より七竈が好きだったから、まぁまぁかな。森見登美彦:再読。春のお話はやっぱり苦手。読みにくい…。ほとんど既読だったので発見はなかったかなぁ…。2011/346

  • あの八月の、 角田 光代 ★★★★
    2 クジラの彼 有川 浩 ★★★★★
    3 涙の匂い 日向 蓬 ★★★★
    4 ニート・ニート・ニート 三羽 省吾
    5 ホテルジューシー 坂木 司 ★★★★
    6 辻斬りのように 桜庭 一樹 ★★★★★
    7 夜は短し歩けよ乙女 森見 登美彦 ★★★

  • 表紙が蜷川実花さんで、素敵だったので読んでみました。
    7人の作家さんの短編集で、どれも独特で良かったです。
    1番印象に残ったのは有川浩さんの「クジラの彼」。
    彼が潜水艦乗りで、なかなか会えないお話し。
    別でちゃんとお話しがあるようなので、
    今度読んでみたいと思います。

全211件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

ツイートする