Sweet Blue Age

  • 角川書店
3.36
  • (64)
  • (160)
  • (401)
  • (36)
  • (7)
本棚登録 : 1949
レビュー : 211
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •   7人の作家による短編集。
     大好きな有川さんと坂木さんの作品もあったので読んでみた。
     有川さんの作品はすでに読んだ大好きなものなのでよかったけど、その他の方の作品はあまり内容が頭に入ってこなかった。

  • 有川浩が読みたくて、当時図書館に1冊だけ在庫があったのがこれでした。
    なので「クジラの彼」の感想を。


    まさにいっきよみ。

    文体というか言葉選びもものすごーーーく好み。
    そりゃぁね、冬原に「聡子のそういう言葉選びのセンスすっげぇ好き」
    (という台詞ではない。もちろん。説明の便宜上)とか云わせるだけあるな、と
    会話のセンスがすごい良い。

    これだけで有川浩、好きになりました。

  • 全体の出来としては3点
    表紙の美しさとある作品を含んでいることに関して+1点!
    その作品とは、もちろん『夜は短し歩けよ乙女』

    『あの八月の、』角田光代
    『クジラの彼』有川浩
    『涙の匂い』日向蓮
    『ニート・ニート・ニート』三羽省吾
    『ホテルジューシー』坂木司
    『辻斬りのように』桜庭一樹
    『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦

    特によかったやつ
    『クジラの彼』
    これは、もう理想の彼氏です
    きゅんきゅんしたー
    うらやましーー
    【あたしのクジラ乗りさん、すてきなクジラ乗りさん。
     何処としれぬ海の中、今日はどこまで行ったやら。】

    『辻斬りのように』
    これは内容がよかったというより
    一節の言葉がよかった。
    【目を閉じるな。考えるな。からっぽだ。
     愛しい気持ちなど。決して】

    『夜は短し歩けよ乙女』
    これは、もう最高です。
    この小説が含まれていることによって
    誰かに貸したい本になりました。
    でも貸すなら長編版の単行本貸します笑
    感想はすでに書いたのでここではかかない!
    でも素敵
    【かくして私は呟いたのです。夜は短し、歩けよ乙女。】

  • 若き青春の想い出

  • どの物語もおもしろい。そして深い。有川浩が好きで借りた本だが、日向蓬の「涙の匂い」が一番心に残った。

  • 前編にわたってせつない。青春だったりするのかな。いや今だって青春のはずなんだ、
    ジューシーの松谷さんは元気になっててよかった。嬉しい。それくらいでいいのよ。

  • クジラの彼を読むために、借りましたが、いまいち・・・。
    色々な方の作品が読めてよかったと思いましたが。

  • 短編ものですなー。いろんな作家さんを集めた一冊なので得した気分☆『クジラの彼』が読みたかった(*´д`)面白かったぁ。他の話もそこそこ良かった。おともだちパンチ笑った。

  • 2005年6月から2006年1月の『野生時代』に掲載された短編小説×7。
    SweetBlueAgeってことは、青春がテーマ?

    有川浩さんの『クジラの彼』は、ストレートにはまりました。
    最終的にこんな彼なら、3ヶ月連絡なくても耐えられる・・・かな。

    森見登美彦氏の『夜は短し歩けよ乙女』は、またちょっと続きが読みたくなりました。

  • クジラの彼がよかった('ヮ'*)
    恋したくなった

全211件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

ツイートする