Sweet Blue Age

  • 角川書店
3.36
  • (64)
  • (160)
  • (401)
  • (36)
  • (7)
本棚登録 : 1949
レビュー : 211
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048736749

作品紹介・あらすじ

できたてのセカイと、憂鬱なわたしたちの物語。いま、最も鮮烈な7人の書き手がおくる青春文学ベスト・トラック集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひと目で蜷川実花さんの作品とわかる美しい表紙。
    目次の前にはさみ込まれた
    ブルーとピンクのパステルカラーの3枚の紙も、とてもきれい。
    装丁の美しい本です。

    7つのお話が収められていますが、

    「海の底」で冷静でソツのない自衛官ぶりを見せつけた冬原が
    事件後に「異臭を放つ王子様」として彼女の前に現れ
    声を殺して泣くシーンに胸打たれる
    有川浩さんの「クジラの彼」、

    いいかげんな振る舞いやだらしない人を許せないヒロちゃんが
    沖縄の、かなり変わったホテルのバイトを通して
    少しずつ肩の力を抜き、心の凝りをほぐしていく
    坂木司さんの「ホテルジューシー」

    の2作が、やっぱり飛びぬけておもしろくて
    本棚にもうあるのに、しかももう何度も読んでいるのに
    また惹き込まれて読み耽ってしまう私でした。。。

    その他、狭いサークル内での恋愛模様が
    気恥ずかしくも懐かしい、角田光代 「あの八月の、」

    突然転校することになった田舎での生活に戸惑いながら
    大人になることの切なさを知っていく少女を描いた
    日向蓬 「涙の匂い」

    古式ゆかしい文体に、独特な諧謔を絡めて
    映像が浮かび上がるような不可思議な世界を構築した
    森見登美彦 「夜は短し歩けよ乙女」 など、

    全く作風の違う7篇、
    新しい作家さんに触れるきっかけになる1冊です。

    • まろんさん
      円軌道の外さん、こちらこそいつもありがとうございます!
      北海道育ちなので、関東の蒸し暑い夏には、毎年悩まされる私です(>_<)

      この本の7...
      円軌道の外さん、こちらこそいつもありがとうございます!
      北海道育ちなので、関東の蒸し暑い夏には、毎年悩まされる私です(>_<)

      この本の7つのお話の中では、
      有川さんと坂木さんと角田さん以外の作家さんは「初めまして♪」だったのですが
      作家紹介の欄で、
      どちらかというと官能的な表現が得意と書かれていた日向蓬さんの作品が、
      予想外に(?)中学生を瑞々しく描いていて
      他の作品も読んでみたくなりました。

      ミュージシャンと小説のコラボというと
      小川洋子さんが、佐野元春の10曲をテーマに書いた短編集
      『アンジェリーナ』っていうのがありましたね(*^_^*)
      2012/07/05
    • 円軌道の外さん

      あっ、そっかぁ〜
      まろんさんは北海道やったんスよね(笑)
      自分一昨年の7月に
      半袖のポロシャツに
      短パンで
      富良野行ったら
      ...

      あっ、そっかぁ〜
      まろんさんは北海道やったんスよね(笑)
      自分一昨年の7月に
      半袖のポロシャツに
      短パンで
      富良野行ったら
      向こうは最高気温が16℃しかなくて(笑)
      寒くて寒くて
      もうずっと震えてましたよ(泣)(>_<)

      ほんで大阪帰ってきたら
      35℃!!

      同じ日本で
      これだけ気温差があるって
      日本ってやっぱ
      縦に長いんやって
      実感しましたよ…(笑)


      あっ、『アンジェリーナ』は
      つい最近ブクログの友達に教えてもらって
      めっちゃ気になってたところなんです!(笑)(^O^)

      まろんさんはもう読みました?

      小川さんも
      佐野さんのかなりのファンらしいっスよね♪
      (それ知って、かなり小川さんを好きになりました笑)

      2012/07/10
    • まろんさん
      そうなのです!
      北海道と関東・関西は、気候的に2カ月くらいの温度差があるのです(>_<)
      だって、7月や8月でも、おじいちゃんおばあちゃんの...
      そうなのです!
      北海道と関東・関西は、気候的に2カ月くらいの温度差があるのです(>_<)
      だって、7月や8月でも、おじいちゃんおばあちゃんの家とかでは
      朝晩ストーブ焚いてましたもの!

      『アンジェリーナ』は、本棚にあります♪
      小川さんの普段の作風だと、
      まさか佐野元春が好きだとは思ってもみなかったので
      本をみつけたときは、かなりびっくりしました(笑)
      2012/07/10
  •  7人の人気作家による青春文学のアンソロジー。どれも独特の作者の個性がうかがえて、一粒で7度以上おいしい本でした。書き手によってこんなにも雰囲気が違うんだと、とても面白い。

    「クジラの彼」 有川浩  やはり有川ワールド、潜水艦乗りは臭い?
    「ホテルジューシー」 坂木司 おばぁの皺だらけの笑顔が……
    「夜は短し歩けよ乙女」 森見富美彦  独特の語り
    その他

  • 甘くてほろ苦い青春短編小説集。
    表紙の写真がとても綺麗だと思ったら、蜷川実花さんのものだそうです。どおりで!

    「クジラの彼」は恋愛ものとして好きですが、「ホテルジューシー」はヒロちゃんの心情に惹きつけられました。

  • 角田光代「あの八月の、」 有川浩「クジラの彼」
    日向蓬「涙の匂い」 三羽省吾「ニート、ニート、ニート」
    坂木司「ホテルジューシー」 桜庭一樹「辻斬りのように」
    森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
    7人による青春文学ベストトラック集。

    「クジラの彼」を読みたくて、図書館から借りた。
    他は読んだものがあったので、サッと読み。

    「クジラの彼」読んだら、涙がぼわ~~~~~止まらない…。どうしよう。。。
    切ない。胸くるしい。。。
    恋をしていた頃?を思い出して、痛いほどだった。
    今は失くしたナツカシイ感覚だ。
    で、速攻で中古の文庫を(クジラの彼)買いに行った。


    あと桜庭さんは文章が美しくて…いつどこで読んでも素敵。

    「辻斬りのように男遊びをしたいな、と思った。ある朝とつぜんに。そして五月雨に打たれるように濡れそぼってこころのかたちを変えてしまいたいな。」

    で、
    もう…いちころ。


    坂木さんの「ホテルジューシー」登場人物がみんな曲者で面白い。
    さすが坂木さん。オーナー代理を見ていると、「和菓子のアン」の
    椿店長を思い出してしまった。さりげなく推理(養蜂家)が入っているところが、またいいな。

    「ニート、ニート、ニート」は青臭い高校生時代を思い出した。
    「夜は短し恋せよ乙女」はちょっと苦手だった。

  • 甘酸っぱい青春が多くの著者によって書かれています。「青春」という言葉の捉え方は人によってそれぞれ違うので、話の内容もいろんなテイストで書かれているので読んでいてとても楽しいです。
    わたしの一番のお気に入りはやはり桜庭先生の七竃の前の話ですね!七竃は桜庭一樹コレクション文庫を読んでいたのでとても楽しく読むことが出来ました!

  • まぁまぁおもしろかった。

  • 短編集。
    「クジラの彼」は前に読んでたけど、再読でも最高。こんな出会い、こんなカップル素敵~

  • 有川浩さん、森見登美彦さんをしるきっかけとなったアンソロジーです。装丁もきれいでどの短編も読みやすく、おもしろいです。

  • クジラの彼 が一番響いた。

  • 大好きな有川先生の名前があったので手に取りました。
    「クジラの彼」、とっても良かったです。。既刊「海の底」の番外編なので、本編を読んでからだとより楽しめると思います。
    他にも著名な作家さんの個性の違う作品に出会うことができて、とても豪華な一冊だと思います。
    この本で角田光代さんの作品も初めて読むことができてうれしいです。読みやすい文で、青春時代から大人になる感情の機微が描かれた「あの八月の、」。心に染みます。他作品も読もうと思ったきっかけになりました。
    森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」は既に単行本で読了済みでしたが、ちょっとエキセントリックでとぼけていてとても可愛らしいお話です。

  • クジラの彼が読めただけで儲けたって感じ。
    知らなかった作家さんに出会えたりするのがいいなと思う。

  • 意外と読んだものが多くて、ちょっと残念だった。

  • 今をときめく作家さんたちの短編集

    Sweet Blue Age

    大好きな有川さんの短編は
    究極の遠距離恋愛。
    せつなさといい
    もやもやする時間がすごいわかる。

    どの話も、昔を思い出す話。
    そして、明日へ踏み出す話。

    甘い、青春の日々、ってとこですかね。

    心がほっこりして、さあ、私も頑張ろうと思える1冊。
    オススメです。

    表紙が独特だなぁと思ったら
    やはり、蜷川実花さんだった。

  • 文芸からライトノベルまでそれぞれのジャンルでいま一番の輝きを放つ七人の作家が全身でとらえた
    甘く憂鬱な「あのころ」の物語。

    『あの八月の』30前の女性二人が夜の大学に忍び込み映研サークルで撮った映画のメイキングビデオを見ながら
           当時を思い出す。というお話。(角田光代)
    『クジラの彼』究極の遠距離恋愛って?海の底の裏側の物語(有川浩)
    『涙の匂い』東北の田舎に左遷になった父親について転校したものの、なかなか馴染めない少女の話。
          不器用な少年に対する、少女の淡い恋心が繊細というよりはリアルに描かれていている(日向蓬)
    『ニート・ニート・ニート』ただなんとなく仕事を辞めてしまったタカシ。仕事もしないで女のところを転々とするレンチ。
                 有名大学を中退してひきこもりになってしまったキノブーの3人が乗る車。「厭世フレーバー」
                 ニートそのものを書くのではなくニートに至る心理の流れを環状線で表現(三羽省吾)
    『ホテルジューシー』兄弟の世話ばかり焼いていた女子大生が、ぽっかりと出来た「自分の時間」を持て余し
              沖縄のホテルでリゾートバイトをする話(坂木司)
    『辻斬りのように』25歳小学校教師の私。5月のある朝突然辻斬りのように男遊びをしたいと思う。
             唐突に始まる主人公の女性の破壊願望にも似た性への衝動が最後の最後で一つの恋に収束する(桜庭一樹)
    『夜は短し歩けよ乙女』底なしの酒のみの”彼女”が、伝説の酒「偽電気ブラン」を求めて夜の街をひたすらに歩み進み
               さまざまな人たちで出会い、酒を飲む話であり、徐々に物語がファンタジーの様相さえ見せ始め、
               お祭のように心浮き立つざわめきの中、なお美しくも軽やかに歩き続けるお話。(森見登美彦)

  • 学校の図書館から借りました。

    いろんな作家さんの作品が集まってる本です。有川浩さんが好きなので『クジラの彼』も、もちろん面白かったです。
    また、森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』が印象に残った作品です。
    これは、知り合いの結婚式に参加した男女が過ごす一夜の物語です。それぞれの視点で順番に物語が展開していきます。文章の書き方がまるで大正や昭和時代の小説のように書かれてあって面白かったです。

  • オムニバス短編。
    有川浩さんと角田光代さんに惹かれて手に取りました。

    しかし「クジラの彼」と「夜は短し歩けよ乙女」はこれに収められてるんですね。
    知りませんでした。

  • 短編集
    1.『あの八月の』 角田 光代
    2.『クジラの彼』 有川 浩
    3.『涙の匂い』 日向 蓬
    4.『ニート・ニート・ニート』 三羽 省吾
    5.『ホテルジューシー』 坂木 司
    6.『辻斬りのように』 桜庭 一樹
    7.『夜は短し歩けよ乙女』 森見 登美彦

    1,2,4,6を読む。
    5,7は既読。

  • 青春がテーマの短編アンソロジー。
    「クジラの彼」と「夜は短し、歩けよ乙女」が入ってた。
    目当ては桜庭一樹の「辻斬りのように」。

    若いなぁ、と。いいなぁ、と。
    つい羨んでしまうような、そんな青春。

  • いろいろな作家の短編作。大好きな角田作品もあり。
    忘れられない思いって誰にでもあるんだろうな。
    今、話題の有川浩の作品も初読み。『クジラの彼』キュンキュン
    した。恋をしている時の胸キュンさとせつなさでページがどんどん進んだ1冊。

  • 7名の作家さんによる「青春」を描いたアンソロジー

    熱かったり
    甘かったり
    ほろ苦かったり
    めちゃくちゃだったり・・・

    そんなさまざまな青春。
    どの話も胸キュンです(笑)

  • 『あの八月の』角田光代、『クジラの彼』有川浩、『涙の匂い』日向蓬、『ニート・ニート・ニート』三羽省吾、『ホテルジューシー』坂木司、『辻斬りのように』桜庭一樹、『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
    いろんな人の話が読めて面白いかなと思ったのだけど、最後の森見登さんまで届かなかった。
    有川さんのは、『海の底』の冬原さんの話。
    『海の底』再読したいなと思った。

  • 有川浩さんの名前につられて手にした本
    有川浩さん『クジラの彼』(´・∀・` )アラッ既読本^^*思いがけず再読♪♡
    あとはよくおみかけする作家さんたちですが初読の方たちばかり
    『Sweet Blue Age』憂鬱な青春文学ベスト・トラック
    憂鬱な思いも青春のひとつ
    青春の時期が遠い昔すぎて(笑)私には若過ぎるお話し
    森見登美彦さん『夜は短し歩けよ乙女』
    (´・∀・` )アラッ?!映画化されていたお話し
    こちらは映画化されたお話しの前段のお話しのようですね
    京の摩訶不思議な世界観がファンタジーで、話題のお話しに少し触れることができよかったです

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    できたてのセカイと、憂鬱なわたしたちの物語。いま、最も鮮烈な7人の書き手がおくる青春文学ベスト・トラック集。

    短編集でした。
    角田光代  あの8月の、
    有川浩   クジラの彼
    日向蓬   涙の匂い
    三羽省吾  ニート・ニート・ニート
    坂木司   ホテルジューシー
    桜庭一樹  辻斬りのように
    森見登美彦  夜は短し歩けよ乙女

    有川浩と坂木司以外は初の作家さん。
    もうちょっとヒットあるかなぁ?って思っていたのですが
    桜庭一樹くらいかなぁ、別のものも読んでみたいと思ったのは。
    坂木司はもうちょっと読んでみよっと。

  • 軽く読めるが、一つ一つ面白い。

  • 感想はブログにて。
    http://croco.blog14.fc2.com/blog-entry-8.html

  • 有川さんの『クジラの彼』を読みたかったので、こちらで読めてよかった!有川さんの作品の男性は、良い男ばかりで読んでて楽しい^^他には『涙の匂い』が結構せつなくて好きです。

  • 遠い追憶に思いを馳せるような、もしくは後になってああ、あれはと胸を打つような青春を一冊に綴じたアンソロジーです。
    感想を順々に述べますと、

    「あの八月の、」…夜の大学へ忍びこみ、フィルムの中に過去の自分たちを観る。
    タイミングとか巡りあわせってあるよなあと感じました。
    「クジラの彼」…合コンで出会った、クジラ乗りの彼。
    再読です。さすが有川さん、やはり甘々でした。
    「涙の匂い」…慣れることのない田舎暮らしの中、ふと感じた覚えのあるにおい。
    ああ確かにこんないやなこと、素敵なこと、あるあるという感じでした。
    「ニート・ニート・ニート」…neatとneet。
    どこかレトロ漂う不思議な心地よさでした。まさに青春。
    「ホテルジューシー」…目の前にどっしりと横たわった、自由という空白を埋めるために。
    沖縄を見てみたくなりました。
    「辻斬りのように」…辻斬りのように、男に抱かれなければ。
    七竈の情景がとても美しく浮かびました。
    「夜は短し歩けよ乙女」…おともだちパンチを御存知であろうか。
    再読です。黒髪の乙女と、乙女に恋慕する路傍の先輩の巻。ポップでキュートでばかばかしい。そしてそこがいい!

    と、青春のかたちはさまざまであるということでした。

  • それぞれ簡単に。角田光代:大学生ってなんであんなモラトリアムなのかな。私も懐かしい気分になった。有川浩:再読。『海の底』を読んでから読むと全然感じ方が違う!日向蓬:初読み。まぁまぁ。嫌いではない。三羽省吾:初読み。うーん…あまり好きではないかな。坂木司:最近文庫本を読んだので割愛。桜庭一樹:再読。優奈より七竈が好きだったから、まぁまぁかな。森見登美彦:再読。春のお話はやっぱり苦手。読みにくい…。ほとんど既読だったので発見はなかったかなぁ…。2011/346

  • あの八月の、 角田 光代 ★★★★
    2 クジラの彼 有川 浩 ★★★★★
    3 涙の匂い 日向 蓬 ★★★★
    4 ニート・ニート・ニート 三羽 省吾
    5 ホテルジューシー 坂木 司 ★★★★
    6 辻斬りのように 桜庭 一樹 ★★★★★
    7 夜は短し歩けよ乙女 森見 登美彦 ★★★

  • 表紙が蜷川実花さんで、素敵だったので読んでみました。
    7人の作家さんの短編集で、どれも独特で良かったです。
    1番印象に残ったのは有川浩さんの「クジラの彼」。
    彼が潜水艦乗りで、なかなか会えないお話し。
    別でちゃんとお話しがあるようなので、
    今度読んでみたいと思います。

全211件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

Sweet Blue Ageに関連する談話室の質問

Sweet Blue Ageを本棚に登録しているひと

ツイートする