• Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737326

作品紹介・あらすじ

ページを繰れば、まだ見ぬ出会い-。原稿用紙わずか10枚に凝縮されたにおい、手触り、味わいの記憶。こまやかな物語のひだを情感ゆたかに謳いあげる、所要時間各数分、珠玉の現代文学・各駅停車の旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30の小説集

  • いしいしんじ目当てで、一応最後まで読みました。
    面白い話もあればつまらないものもあり、よく分からないものもありました。
    お目当ての作家が一人でもいるなら、読んでみるのもいいと思います。
    まったく読んだことのない作家ばかりなのだったら、あえて読むことはないかもしれないです。

  • 短編というよりショートショート(星新一って訳ではないが)。秀作揃いでした。なんか、一人しんみり焼き鳥が喰いたくなった。

  • 鈴木成一さんが装丁をした本。開いたときに赤色が染み込んでいるのが残念だな。

  • 短編集。
    読んでみたかった作家さんが
    たくさん載っていて、よかった。
    この人の本読んでみたいなぁ
    の試しにはいいのではないだろうか。

    私のお気に入りは、
    いしいしんじ「ミケーネ」
    大崎善生「神様捜索隊」
    古川日出男「あたしたち、いちばん偉い幽霊捕るわよ」

  • 「極上」なんて言葉はあまり使わない方が宜しいかと。

  • 作家のカタログのような本だった。気に入った話の作家さんの本を読んでみたいなと思う。後味の悪い話もいくつかあるので、そういうのが苦手な人にはお勧めしない。

  • 面白いような物足りないような余韻残すようなさっぱりわからないような。
    なんか腰を落ち着けて読み耽れないこの頃で、こういうのが丁度いいかも。

  • 極上だったり、そうでなかったりの30の物語。

    みなさんカラーが全く異なるので、本読みの友人と、「誰の話が好き?」って話題で盛り上がれるかも。

    私の極上は
    大崎善生「神様捜索隊」
    高橋三千綱「パリの君へ」
    吉田篤弘「曇ったレンズの磨き方」
    の3つでした。

  • 装丁が素敵。掌編向きと長編向きの作家っているのだなと。自分の好みがよくわかる。
    名前漏らし/.小池晶代 出世の首/筒井康隆 凍りつく/高橋源一郎
    繭の遊戯/蜂飼耳 夜尿/車谷長吉 曇ったレンズの磨き方/吉田篤弘
    神様捜索隊/大崎善生

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いしいしんじ
1966年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。
2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、
16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。
そのほか『ぶらんこ乗り』『ポーの話』『四とそれ以上の国』『海と山のピアノ』など著書多数。
趣味はレコード、蓄音機、歌舞伎、茶道、落語。

「2019年 『マリアさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

極上掌篇小説を本棚に登録しているひと

ツイートする