子供の領分REMIX ─be under─

著者 : 吉原理恵子
制作 : 如月 弘鷹 
  • 角川書店 (2006年11月1日発売)
3.69
  • (13)
  • (7)
  • (18)
  • (4)
  • (0)
  • 99人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737425

子供の領分REMIX ─be under─の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 備考:実兄弟/次男総受け?/シリーズ完結編

  • 「子供の領分シリーズ」の番外編とも言うべきお話ですね。
    中身、同人誌?みたいな。
    本編はキス止まりで長男×次男←三男・その他大勢(笑)ですが。
    夢オチではありますが、なかなか際どい長男×次男があります。
    その他、名物コンビのお話でちゃんと…(はぁと)

  • 広海が可愛かったので、もうなんでもいいです。

  • 「真夏の衝動」 ★「21歳の激情」 ★「情動の呪文」 ★★★★

    何このお兄ちゃん贔屓評価。

  • 夢オチだったりしつつも堪らないシチュエーション満載で、流石にこれはちょっと弟には読ませられない。
    (でも21歳の激情はドラマCDを聴いてしまったようだが/笑)
    個人的に麻生さんが攻キャラだったことに驚いていたり。
    いや、それはそれでとんでもなく素敵だけれど。

  • 待ってました!と飛びつきましたが…ちょっとハズレぽかったかも;
    ドラマCDを買ってる人は特に、損した気分にもなったんじゃないでしょうか。
    好きなシリーズだっただけに、残念でなりません…。

  • このシリーズもう10年になるんですね〜〜vv

    いまいちBL感はないと思うんですが、吉原理恵子作品として一応買っています。

    今回Hシーンはあったんですが、すべて『夢オチ』みたいなものです。しかも『21歳の激情』はCDについていたミニ小説と同じものでした。

    (それだけでも、なんか損した気分ですが・・。)

    『真夏の衝動』は武藤と麻生のコンビでした。まさか武藤が『××』なんてびっくりというか意外でした・・。
    私は広海の相手は麻生さんか加賀さん(だっけ・・?)がツボなんですがダメですかね?

    麻生みたいなクールな参謀系とか大好きなんです♪でも陽一さんが広海の相手としては大本命みたいですけど・・。


    『情動の呪文』も陽一と広海の夢オチです。(テーマは媚薬vv)


    楽しかったけどこの作品はやっぱり

    『友情以上恋人(恋愛)未満』ですね♪


    単行本なのでそれなりに読み応えはありました
    次回は待望の『お食事会』がありそうですネ!!



  • つ、ついにアレが?!

全9件中 1 - 9件を表示

吉原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉原 理恵子
有効な右矢印 無効な右矢印

子供の領分REMIX ─be under─に関連する談話室の質問

子供の領分REMIX ─be under─はこんな本です

ツイートする