クジラの彼

著者 :
  • 角川書店
4.04
  • (1154)
  • (1052)
  • (891)
  • (48)
  • (10)
本棚登録 : 6399
レビュー : 1073
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  いい年した大人が、活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い! あとがきより。

     いいえぇ、ちっとも、悪くごっざいません。

     整然とした文字の羅列が、私にこれでもかこれでもかと、胸キュンをせまりました。しかも、私、おかげさまで自衛隊三部作は既読なもので、より一層胸キュンをしてしまいました。

     表題作「クジラの彼」の、ヒーローは、なんとあの、冬原さん。私、有川さんの作品では、主となっているヒーローよりも、彼らを支えている男の人がすきなのです。
     つまり、夏木さんより冬原さん。堂上さんより小牧さん。掛水くんより吉門さん(笑)です。
     「海の底」では、さらっと「結婚した」としか、かかれていませんでしたが、潜水艦のりの冬原さんとその彼女聡子さんにも、あーんなドラマが。クールな冬原さんが、
    「聡子が待っててくんなきゃ嫌だ」って言うところ、激烈にもえました。


     「有能な彼女」は夏木さんと望のお話。泣けました。あの二人が、とうとう・・・おめでとうー。ぱちぱち・・・わーん。ってな感じです。


     「ファイターパイロットの君」は、「空の中」の高巳と光稀のお話。高巳がいい男過ぎますよ。ママになった光稀が単身赴任をしていて、高巳は娘と二人して、ママの帰りを待つとか・・・すいません。この日本国のいったいどこに、そんなできた男がいるんですかー。おーい。どこですかー。
     高巳に愛される光稀が、うらやましくて、可愛くて・・・ファイターパイロットをずっと続けていて欲しいと思いました。

     ほかにも、「国防レンアイ」も好きです。胸キュンいっぱいしました。あああ。本読みでよかったです。私。
     また明日からも、がんばれる。

    • HNGSKさん
      まろんさん!!こんにちはー。
      これは、やばい本でしたね。これを読んだ後で、私現実の世界に、戻れるか分からんな・・・と思ったほどです。
      そうか...
      まろんさん!!こんにちはー。
      これは、やばい本でしたね。これを読んだ後で、私現実の世界に、戻れるか分からんな・・・と思ったほどです。
      そうか、まろんさん、吉門さんより清遠さんか!!そう来ましたね。
      思い返せば、「県庁おもてなし課」は、私の有川さん処女作品。まろんさんに、「有川さんをもっと読んで読んで」とコメントをもらって、「うわー読もう!!!」と思ったことを昨日のことのように思い出します。、
      2013/05/19
    • macamiさん
      わたしも夏木より冬原、掛水より吉門、
      でも小牧より堂上教官です^^
      堂上教官はやばいぐらい好きです。(笑)

      こういうその後のストーリーはた...
      わたしも夏木より冬原、掛水より吉門、
      でも小牧より堂上教官です^^
      堂上教官はやばいぐらい好きです。(笑)

      こういうその後のストーリーはたまらない!
      高巳、いいですよねえ・・・ほんと、どこにいるんでしょうねえ・・・

      現実の世界に戻れるかわからなくなるような本てありますよね!
      2013/05/23
    • HNGSKさん
      macamiさん、こんにちはー。
      macamiさんは堂上派ですか。やはり、「よくやった」とか「いい子だ」とかいって、郁をなでなでするのがツボ...
      macamiさん、こんにちはー。
      macamiさんは堂上派ですか。やはり、「よくやった」とか「いい子だ」とかいって、郁をなでなでするのがツボですか?もしくは、「トリか!?」「前世クワガタか?」とやたら動物に例えるお茶目さを支持しますか?
      その後のストーリーって、本編読んでいるものにとっては、ご褒美みたいなものですものね。
      ほんとに、たまりませんねえ。
      あ、こうやって書いていると、また現実の世界から遠ざかっていく私がいます。友人に、
      「聞いてない だれもそこまで 聞いてない」
      という川柳をもらってしまった私です。
      2013/05/23
  • 自衛隊員の恋愛を描いた六つの短編小説集の中に、「空の中」と「海の底」のスピンオフが紡がれている。

    『クジラの彼』は、「海の中」の冬原と彼女。
    『有能な彼女』は、「海の中」の夏木と望が大人になってから。
    『ファイターパイロットの君』は、「空の中」の高巳と光稀。

    スピンオフ、アマアマで幸せなお話です。

    『クジラの彼』で紡がれる「言葉」がいいなー。
    『有能な彼女』の弱々の夏木と、夏木にまっすぐに、素直に、自分をぶつける、預けてくる望が魅力です。
    『ファイターパイロットの君』の光稀は女ですw

    『クジラの彼』と『有能な彼女』の2編が気に入った。

    スピンオフを読み終えて「自衛隊三部作」読了って感じです。


    さて、有川浩さんがあとがきでこんなことを。

    「「活字でベタ甘」が好きやきしょうがないろうがえ。・・・ 漫画でもアニメでもドラマでも映画でも不可能な、活字特有の胸キュンの需要が私的にはあるがやきかまうかえ。」

    「図書館シリーズ」の「活字でベタ甘」を知った私にもその需要はあるようですw

    Fin.

  • 有川さんの物語を読んで思うのは、人と人の距離がちょうどいいということ.こういう距離をとることができる人とお友だちになりたいなぁ、こういう面白いやりとりができる人と恋愛したいなぁ、と思わせる.

  • クジラの彼が1番好きかな。私も自衛官と合コンしたい←
    海の底のスピンオフ。夏木じゃなくてハルが主役ってのが良い。一般人の聡子目線ってのも良い。
    あとは同じく空の中のスピンオフ、ファイターパイロットの君。光稀かわいい。

    長編も大変だけど、短編でしっかり世界観出すのも凄いと思う。

  • ベタ甘ラブロマンス短編集
    いい加減ええ歳ですが、胸きゅんしてしまいました。f^_^;)
    自衛官モノというのが余計に萌えっときたのカモ。
    色恋ゴトから遠ざかり気味の人にオススメしたい(笑)
    あとがきに“星へ行く船”のあゆみと太一郎さんのことがチラッと出ていまして、その辺にもやたら共感してしまいました。
    “きっとまだ本棚の何処かにあるヨ。コバルト文庫”
    6作品のうちクジラの彼と脱柵エレジーが気に入ってます。

  • 有川浩さんの本は「空の中」「海の底」「塩の街」のいわゆる「三部作」を読み、特に空の中がとてもよかったので、この本も手を出してみました。
    塩の街あたりで気が付いたのですが、有川浩さんが書きたい主題は
    ”恋愛”のようで、私は恋愛ものは好きではないのですが、出てくる
    キャラクターの会話のテンポがとても良いので、結構気に入っています。
    (全然違うのですが、読むたびにアニメ・パトレーバーのキャラを思い出します・・・)

    本書も恋愛ものですが、「自衛隊の恋」という変わったベースの短編集に
    なっています。「空の中」「海の底」の後日譚もあるので、これもとても
    楽しく読めました。

  • 恋愛ベタベタの短編小説集。
    個々の短編は独立しているが、著者の過去の作品のスピンオフ的作品。(「クジラの彼」と「有能な彼女」は関連有)
    この著者の作品には恋愛がつきものだが、一気に読ませるのだからすごい

  • あまーーーーいっ!!
    歯が溶けます。

    日和る、とか、デフォルト、とか、~は余談だ、とか、有川浩さんらしい言い回しが絶好調にくすぐったさを増長させます。

  • 短編だから読みやすい。自衛官のショートラブストーリーって感じ。
    えっ?もう終わったの??って感じなので、ちょっと物足りない気もするけど、余韻に浸れていいのかも…
    爽やかでした♪

  • ベタ甘!
    なんか恥ずかしいやら、羨ましいやら、切ないやら、、、
    うん、羨ましいな!

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

クジラの彼のその他の作品

有川浩の作品

ツイートする