クジラの彼

著者 :
  • 角川書店
4.04
  • (1154)
  • (1052)
  • (891)
  • (48)
  • (10)
本棚登録 : 6379
レビュー : 1072
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737432

作品紹介・あらすじ

男前でかわいい彼女たちの最強恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  いい年した大人が、活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い! あとがきより。

     いいえぇ、ちっとも、悪くごっざいません。

     整然とした文字の羅列が、私にこれでもかこれでもかと、胸キュンをせまりました。しかも、私、おかげさまで自衛隊三部作は既読なもので、より一層胸キュンをしてしまいました。

     表題作「クジラの彼」の、ヒーローは、なんとあの、冬原さん。私、有川さんの作品では、主となっているヒーローよりも、彼らを支えている男の人がすきなのです。
     つまり、夏木さんより冬原さん。堂上さんより小牧さん。掛水くんより吉門さん(笑)です。
     「海の底」では、さらっと「結婚した」としか、かかれていませんでしたが、潜水艦のりの冬原さんとその彼女聡子さんにも、あーんなドラマが。クールな冬原さんが、
    「聡子が待っててくんなきゃ嫌だ」って言うところ、激烈にもえました。


     「有能な彼女」は夏木さんと望のお話。泣けました。あの二人が、とうとう・・・おめでとうー。ぱちぱち・・・わーん。ってな感じです。


     「ファイターパイロットの君」は、「空の中」の高巳と光稀のお話。高巳がいい男過ぎますよ。ママになった光稀が単身赴任をしていて、高巳は娘と二人して、ママの帰りを待つとか・・・すいません。この日本国のいったいどこに、そんなできた男がいるんですかー。おーい。どこですかー。
     高巳に愛される光稀が、うらやましくて、可愛くて・・・ファイターパイロットをずっと続けていて欲しいと思いました。

     ほかにも、「国防レンアイ」も好きです。胸キュンいっぱいしました。あああ。本読みでよかったです。私。
     また明日からも、がんばれる。

    • HNGSKさん
      まろんさん!!こんにちはー。
      これは、やばい本でしたね。これを読んだ後で、私現実の世界に、戻れるか分からんな・・・と思ったほどです。
      そうか...
      まろんさん!!こんにちはー。
      これは、やばい本でしたね。これを読んだ後で、私現実の世界に、戻れるか分からんな・・・と思ったほどです。
      そうか、まろんさん、吉門さんより清遠さんか!!そう来ましたね。
      思い返せば、「県庁おもてなし課」は、私の有川さん処女作品。まろんさんに、「有川さんをもっと読んで読んで」とコメントをもらって、「うわー読もう!!!」と思ったことを昨日のことのように思い出します。、
      2013/05/19
    • macamiさん
      わたしも夏木より冬原、掛水より吉門、
      でも小牧より堂上教官です^^
      堂上教官はやばいぐらい好きです。(笑)

      こういうその後のストーリーはた...
      わたしも夏木より冬原、掛水より吉門、
      でも小牧より堂上教官です^^
      堂上教官はやばいぐらい好きです。(笑)

      こういうその後のストーリーはたまらない!
      高巳、いいですよねえ・・・ほんと、どこにいるんでしょうねえ・・・

      現実の世界に戻れるかわからなくなるような本てありますよね!
      2013/05/23
    • HNGSKさん
      macamiさん、こんにちはー。
      macamiさんは堂上派ですか。やはり、「よくやった」とか「いい子だ」とかいって、郁をなでなでするのがツボ...
      macamiさん、こんにちはー。
      macamiさんは堂上派ですか。やはり、「よくやった」とか「いい子だ」とかいって、郁をなでなでするのがツボですか?もしくは、「トリか!?」「前世クワガタか?」とやたら動物に例えるお茶目さを支持しますか?
      その後のストーリーって、本編読んでいるものにとっては、ご褒美みたいなものですものね。
      ほんとに、たまりませんねえ。
      あ、こうやって書いていると、また現実の世界から遠ざかっていく私がいます。友人に、
      「聞いてない だれもそこまで 聞いてない」
      という川柳をもらってしまった私です。
      2013/05/23
  • 自衛隊員の恋愛を描いた六つの短編小説集の中に、「空の中」と「海の底」のスピンオフが紡がれている。

    『クジラの彼』は、「海の中」の冬原と彼女。
    『有能な彼女』は、「海の中」の夏木と望が大人になってから。
    『ファイターパイロットの君』は、「空の中」の高巳と光稀。

    スピンオフ、アマアマで幸せなお話です。

    『クジラの彼』で紡がれる「言葉」がいいなー。
    『有能な彼女』の弱々の夏木と、夏木にまっすぐに、素直に、自分をぶつける、預けてくる望が魅力です。
    『ファイターパイロットの君』の光稀は女ですw

    『クジラの彼』と『有能な彼女』の2編が気に入った。

    スピンオフを読み終えて「自衛隊三部作」読了って感じです。


    さて、有川浩さんがあとがきでこんなことを。

    「「活字でベタ甘」が好きやきしょうがないろうがえ。・・・ 漫画でもアニメでもドラマでも映画でも不可能な、活字特有の胸キュンの需要が私的にはあるがやきかまうかえ。」

    「図書館シリーズ」の「活字でベタ甘」を知った私にもその需要はあるようですw

    Fin.

  • 一回、図書館で借りで読んでみました。
    その時は、単行本でしたが…。

    そして、表紙がとても綺麗なことが印象的で文庫本を買いました。

    クジラの彼も凄く好きですが、ロールアウト!が好きですね。
    内容が、トイレについての話だったので初めは驚きましたが読み返すにつれて「なるほど・・・」と考えさせられる点がいくつかありました。

    クジラの彼は、≪海の底≫の続きで、有能な彼女も海の底の夏木さんと望ちゃんの後の話です。
    そして、ファイターパイロットの君。この為に、買ったようなものです。
    親となった、≪空の中≫の高巳さんと光稀のその後ですね。

    先に、≪空の中≫ ≪海の底≫を読むことをお勧めします。


    単行本と文庫本の表紙が少し違って素敵だなあ・・・、と思いました。

    そして、単行本のみついている、カクテルのイラスト。
    銘柄を探すのが、楽しいですよ

  • 有川さんの物語を読んで思うのは、人と人の距離がちょうどいいということ.こういう距離をとることができる人とお友だちになりたいなぁ、こういう面白いやりとりができる人と恋愛したいなぁ、と思わせる.

  • クジラの彼が1番好きかな。私も自衛官と合コンしたい←
    海の底のスピンオフ。夏木じゃなくてハルが主役ってのが良い。一般人の聡子目線ってのも良い。
    あとは同じく空の中のスピンオフ、ファイターパイロットの君。光稀かわいい。

    長編も大変だけど、短編でしっかり世界観出すのも凄いと思う。

  • 「空の中」と「海の底」を読んでいなかったら、その2作のスピンオフは
    いまある気持ちの半分はなかっただろう。
    高巳と光稀のその後もよかったし、冬原がどう彼女と出会い、付き合っていたのかもよかった。
    海の底では見られなかった一面をみることができた。
    夏木と望のその後は、夏木のプロポーズがよかった。自分に自信がなくてできなかったのに
    望が潜水艦に関わる仕事の部署へ異動しようと頑張っていることを知り、
    口からこぼれたようにプロポーズ。
    笑えるような、夏木らしいような。

    • macamiさん
      ☆ayakoさん
      >夏木にそこまで自信を失くさせた望がすごい、と思ったりもしましたが(笑)

      たしかに!

      このスピンオフ、たまらないですよ...
      ☆ayakoさん
      >夏木にそこまで自信を失くさせた望がすごい、と思ったりもしましたが(笑)

      たしかに!

      このスピンオフ、たまらないですよね。
      ・・・っと、これからayakoさんのところへ行きます♪
      2013/05/23
    • HNGSKさん
      macamiさん、こんにちはー。私も、macamiさんのところにお邪魔しまーす。
      macamiさんは堂上派ですか。やはり、「よくやった」と...
      macamiさん、こんにちはー。私も、macamiさんのところにお邪魔しまーす。
      macamiさんは堂上派ですか。やはり、「よくやった」とか「いい子だ」とかいって、郁をなでなでするのがツボですか?もしくは、「トリか!?」「前世クワガタか?」とやたら動物に例えるお茶目さを支持しますか?
      その後のストーリーって、本編読んでいるものにとっては、ご褒美みたいなものですものね。
      ほんとに、たまりませんねえ。
      あ、こうやって書いていると、また現実の世界から遠ざかっていく私がいます。友人に、
      「聞いてない だれもそこまで 聞いてない」
      という川柳をもらってしまった私です。(笑)
      2013/05/23
    • macamiさん
      ☆ayakoさん
      なにがツボなのか、と考えてみましたが
      「これ」というものがあがってきません・・・
      純粋培養の郁への接し方はかなりツボでした...
      ☆ayakoさん
      なにがツボなのか、と考えてみましたが
      「これ」というものがあがってきません・・・
      純粋培養の郁への接し方はかなりツボでした。ちなみに図書館戦争は別冊Ⅰが一番好きです。
      甘々で。(笑)

      2013/05/30
  • ベタ甘ラブロマンス短編集
    いい加減ええ歳ですが、胸きゅんしてしまいました。f^_^;)
    自衛官モノというのが余計に萌えっときたのカモ。
    色恋ゴトから遠ざかり気味の人にオススメしたい(笑)
    あとがきに“星へ行く船”のあゆみと太一郎さんのことがチラッと出ていまして、その辺にもやたら共感してしまいました。
    “きっとまだ本棚の何処かにあるヨ。コバルト文庫”
    6作品のうちクジラの彼と脱柵エレジーが気に入ってます。

  • 有川浩さんの本は「空の中」「海の底」「塩の街」のいわゆる「三部作」を読み、特に空の中がとてもよかったので、この本も手を出してみました。
    塩の街あたりで気が付いたのですが、有川浩さんが書きたい主題は
    ”恋愛”のようで、私は恋愛ものは好きではないのですが、出てくる
    キャラクターの会話のテンポがとても良いので、結構気に入っています。
    (全然違うのですが、読むたびにアニメ・パトレーバーのキャラを思い出します・・・)

    本書も恋愛ものですが、「自衛隊の恋」という変わったベースの短編集に
    なっています。「空の中」「海の底」の後日譚もあるので、これもとても
    楽しく読めました。

  • 初めて読んだ、有川さんの本です。
    読むきっかけはサークルのスキー合宿だったんですが、まあそこはそれ。


    読み始めてすぐに引き込まれましたね。
    文章の作り方が凄く上手くて、なんていうか一気に読み進めてしまう感じ。
    でも、何度読み返しても面白い。
    良い作品です。
    ボリュームとしては短編集になるのかな?

    各短編について少しだけ感想を。


    「クジラの彼」
    表題作ですね。
    これを先に読んでから、『海の底』を読むと・・・、凄く後悔します。
    冬原さんみたいな振舞い、自分には出来そうにありません。
    好きな人の前で見せたくなかった弱さを見せるシーンがあるんですが、そこは中々良かった。
    そうそう、聡子さんはすっごく現実にもいそうな女性だと感じました(笑)

    「ロールアウト」
    えー、なんかトイレが主題だとか(苦笑)
    冗談はさて置き、凄く笑える作品でした。
    恋愛の要素は勿論あるんですが、それ以上に笑えるポイントがたくさん・・・。
    自衛隊の輸送機の中のトイレは、一体どうなる事やら。

    「国防レンアイ」
    この本の中でも、かなり気に入った作品です。
    まあぶっちゃけ全部好きですが(笑)
    8年間の片思い(実際には両思い?)が色んな形で絡まりまくってややこしくなって・・・。
    まあ、三池三曹は凄く凛々しい女性です。
    そして伸下三曹曰く「……たまにすげぇかわいくてすぐ隙だらけなるから困ンだよ」ってな感じです。
    まあ、一言で言うと甘いお話です!
    ちょっと甘すぎかもしれませんが。
    自衛隊のWACの方々、頑張れ~。

    「有能な彼女」
    これまた『海の底』を先に読んでおかないと損をします。
    寧ろこっちの方が、被害は深刻・・・。
    まあ、それはさて置き。
    なんていうか・・・、甘いお話part2です(笑
    こんな女性が現実にいたら、絶対に恋は苦労するだろうな~。
    喧嘩するほど仲は良い、それが具現化したカップルのお話ですね。
    二人ともお幸せに。

    「脱柵エレジー」
    つい最近似たような名前の歌がリリースされていましたが、全く関係ありません。
    この話は、現実に多々起こっている(?)「脱柵」がテーマになってます。
    「脱柵」について知りたくなったら、この話読みましょう^^
    長年連れ添った夫婦みたいなカップルも良いですね。
    若い頃の無茶を思い出しましょう。

    「ファイターパイロットの君」
    この話も大好きです。
    でも先に『空の中』を読みましょう。
    その方がより一層楽しめます。
    ヒロイン役の方が、すっごくきつい(要するにツン)なんですけど、時々すっごく可愛い(要するにデレ)。
    そのギャップが良いのかなと。
    見ていて思わず「あまーい!」と言いかけました。
    しかし、ドッグタグ恐るべしですかね(笑


    そんな良作が詰まった一冊です。

  • 自衛官の恋を描く斬新さが、なかなか素敵でした。本編も読んでみたい。

全1072件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

クジラの彼のその他の作品

有川浩の作品

クジラの彼に関連する談話室の質問

クジラの彼を本棚に登録しているひと

ツイートする