秋の牢獄

著者 :
  • 角川書店
3.76
  • (113)
  • (237)
  • (218)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 1052
レビュー : 215
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738057

作品紹介・あらすじ

十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になればすべてがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は何のために十一月七日を繰り返しているのか。この繰り返しの日々に終わりは訪れるのだろうか-。まるで童話のようなモチーフと、透明感あふれる文体。心地良さに導かれて読み進んでいくにつれて、思いもかけない物語の激流に巻き込まれる-。数千ページを費やした書物にも引けを取らない、物語る力の凄まじさ。圧倒的な多幸感と究極の絶望とを同時に描き出す、新鋭・恒川光太郎の珠玉の作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秋になったので、再読。
    秋や冬には恒川作品を読みたくなるのはナゼ?装画・装丁が美しいです♪

    「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の3篇。
    どの作品も甲乙つけがたいけど「秋の牢獄」が一番好きです。
    「神家没落」は、神隠しや行方不明者は、実はこうだったりして・・・と、思ってしまうし「幻は夜に成長する」は、「未来日記」の№6の手帳所有者千里眼日記の御目方様こと、春日野椿をイメージしてしまう。

    いつ読んでも常川ワールドは、あの世とこの世の境目にあって奥深くて、ひっそりとしていて・・・ほの暗い。ホラーじゃないし、暗黒じゃないので読みやすい。デビュー当時から、好きな作家さんの一人です。
    でも探していた作品が「秋の牢獄」に収録されていなくって・・・(^^ゞ勘違いで借りてしまいました。好きだし、面白いからOKだけど。
    アレは「草祭」に収録されているんだけっか・・・。

    次は「草祭」を借りて読みますー。

  • ○秋の牢獄
    ○神家没落
    ○幻は夜に成長する
    の三つのお話。
    あるものはその一日に、あるものは不思議ないえに、あるものは人にはない力に囚われているお話。

    淡泊でさらりとした文体で、残酷だな、と思う設定も嫌悪感なく読めました。
    作者さんの人間性なのかな。と勝手に思ったりしました。

    すいすい読めたけど、個人的に『夜市』より心にくいこんでくるものがなかったのが残念でした。

  • 11月7日に読み始めた、11月7日を繰り返す人々を描いた標題作など三作の中編集。全体としてはホラーというかサスペンスというか、じわじわと真綿で首を絞められる様な息苦しさを漂わせる。どれも不思議な設定ながら、分かりやすさと納得感のある作品。1日をひたすら繰り返す、そう言葉にするとよくあるループもののようだが、そのエアポケットに落ちた市井の人々の心理を丹念に描くことで、もし自分がそうなったら、という想像を読者にさせてくれる。他作も同様。読み終えたのは11月8日だったので、ワシは無事に「その日」を超えたようだ。

  • 新家没落の、新家に住みたいと思った☜(^o^☜)

    マンゴーいもすっごいうまそう。

  • 「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の三編。
    時間に囚われ、場所に囚われ、能力に囚われる。目に浮かぶ異界は幻想的でどこか懐かしい。孤独を抱えた者の物哀しさを感じたあとの妙な静穏さがいい。
    この作家さん、初読みだった『夜市』に続いてかなり好み。

  • 秋には飽きのこない秋の本を読む

  • 短編が三つ。共通するテーマはきっと『牢獄』
    『秋の牢獄』
    11月7日 水曜日
    何故かこの1日に閉じ込められてしまった女子大生。 リピーターと呼ぶ仲間と北風伯爵
    『神家没落』
    各地を転々と移動する家に閉じ込められてしまった青年。 身代わりを捜し閉じ込めた相手は殺人犯だった
    『幻は夜に成長する』
    不思議な幻術を使えるリオ
    幸せに暮らしていたはずの彼女が何故 宗教団体に身を置くのか
    好きなのは二つ目
    怖いのは三つめ
    ターンの話は小学校の時に北村薫を読んでしまっているので味気なく感じた
    この人の文はあっさりと物足りないようだけど、その場の状況を簡潔に表してるから想像しやすい
    バッサリとぶった切るラストとかも好みです
    このあとどうなるんだろう?
    考えると怖くなる
    が、それがやめられない


    2011/09/08

  • 恒川光太郎2作目。
    また不思議な感じで好き!

    秋の牢獄
    同じ日を何回も繰り返す。
    怖い。一人やったら辛いやろうな…

    神家没落
    昔、本当にあったのではないかと思わせる話。

    幻は夜に成長する
    幻は怖い。

    どれもすらすら読んでしまう話。

  • そこまで怖くないな、と思いながら読んでいたけれど、自分がその状況にあったら絶望的かも…と思った途端に急に不安で孤独で怖くなった。
    短編3作品どれもそんな感じで、派手ではないけれど好きな雰囲気のホラー。
    また読み返したい。

  • 生活の中にあることばにするのが難しい薄ら寒さ、怖さ、が小説に。ふむ。おもしろい。

全215件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋の牢獄のその他の作品

秋の牢獄 (角川ホラー文庫) Kindle版 秋の牢獄 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

秋の牢獄を本棚に登録しているひと

ツイートする