秋の牢獄

著者 :
  • 角川書店
3.76
  • (114)
  • (237)
  • (218)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 1052
レビュー : 215
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新聞の書評を読んで、購入しました。このようなジャンルはあまり読まないので新鮮でしたが…もう少し強烈な刺激的内容かと思っていたので、勉強になりました。透明感のある文体には好感が持てるし、すらすらと読めるのも○です。しかし、この値段は高い気がします。

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋の牢獄のその他の作品

秋の牢獄 (角川ホラー文庫) Kindle版 秋の牢獄 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする