秋の牢獄

著者 :
  • 角川書店
3.76
  • (114)
  • (237)
  • (218)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 1052
レビュー : 215
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 11月7日に読み始めた、11月7日を繰り返す人々を描いた標題作など三作の中編集。全体としてはホラーというかサスペンスというか、じわじわと真綿で首を絞められる様な息苦しさを漂わせる。どれも不思議な設定ながら、分かりやすさと納得感のある作品。1日をひたすら繰り返す、そう言葉にするとよくあるループもののようだが、そのエアポケットに落ちた市井の人々の心理を丹念に描くことで、もし自分がそうなったら、という想像を読者にさせてくれる。他作も同様。読み終えたのは11月8日だったので、ワシは無事に「その日」を超えたようだ。

  • 新家没落の、新家に住みたいと思った☜(^o^☜)

    マンゴーいもすっごいうまそう。

  • 秋には飽きのこない秋の本を読む

  • 恒川光太郎2作目。
    また不思議な感じで好き!

    秋の牢獄
    同じ日を何回も繰り返す。
    怖い。一人やったら辛いやろうな…

    神家没落
    昔、本当にあったのではないかと思わせる話。

    幻は夜に成長する
    幻は怖い。

    どれもすらすら読んでしまう話。

  • そこまで怖くないな、と思いながら読んでいたけれど、自分がその状況にあったら絶望的かも…と思った途端に急に不安で孤独で怖くなった。
    短編3作品どれもそんな感じで、派手ではないけれど好きな雰囲気のホラー。
    また読み返したい。

  • 生活の中にあることばにするのが難しい薄ら寒さ、怖さ、が小説に。ふむ。おもしろい。

  • 『これは十一月七日の水曜日の物語だ。』

    『さよなら十一月七日。
    いろいろあったが悪い一日ではなかった。』

  • 読了日2011/10
    前に読んだ「夜市」もそうだったけど、不思議な空気が流れる本。
    「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の三編が収録。どれも傑作だと思う。
    「神家没落」
    「幻は夜に成長する」魔法使いの祖母に育てられた幻術師の少女・リオの物語

  • 【再読】装丁がとにかく美しい。

    中身は語り口は軽い感じでありながら不思議な現象を描き、不思議な読後感。
    三作中、最後の一編だけはどこをとっても寝覚めの悪い感じですがそれすらも独特の幻想的な雰囲気に飲み込まれてしまう。
    気持ち悪い感じが気持ちいい。

  • 短編3つ。
    秋の牢獄、神家没落、幻は夜に成長するの3本。

    同じ日が繰り返される「秋の牢獄」は、同じ日が繰り返される者同士が、どうせならこの世界を楽しもうと弾丸旅行をしたり無茶をしたりとちょっと楽しそう。
    その反面、この状況がいつまで続くのかという焦燥感や切なさが随所に滲み出ている。
    「神家没落」は、次元の異なる民家を巡るミステリー。
    街角に突如出現しそうな民家が、本当にありそうな気になるさせてくれるファンタジー。

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋の牢獄のその他の作品

秋の牢獄 (角川ホラー文庫) Kindle版 秋の牢獄 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする