クローバー

著者 :
  • 角川書店
3.58
  • (108)
  • (260)
  • (349)
  • (36)
  • (1)
本棚登録 : 1419
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 双子の兄弟の平凡な日常のストーリーやったけど、
    なかなかおもしろかった。

  • 「人間は人生の必要な時期に必要な人間としか出会わない。」この本を読んでいるとき、この言葉がとても胸に響いた。それと同時に少し気持ちが少し楽になった。
    題名の「クローバー」は最終的に何を表していたのだろう。冬治くんと華子さん、雪村さん、熊野さんのことを表しているのだろうか。まだ話の続きがあるようなないような、もやもした気持ちで読み終わった。だから星3つ。

  • 双子の姉弟を取り巻く恋愛やら将来やらの短編的な?話。姉弟が魅力的で好きな一冊。冬治の決断は悩むところではあるけど熊野氏(笑)の見解が全てなんだろうなー。深いなー。熊野氏はどうなるんだろーなー。

  • 何度も読み返してしまうほど大好きな本です。読む度に癒されるので疲れたときにいいかもしれません。

  • 恋愛でもなく、
    家族の絆でもなく、
    青春というよりは、
    モラトリアムの終焉のお話。

    支えてきてくれた人を支えたくなったとき、モラトリアムは終わるのかもしれないね。
    もしかしたら男の子のほうが共感できるんじゃないかな。


    冬治みたいな男の子すきだなー。たぶん、華子といるときの冬治なんだけど。
    どんな自分を見せても味方でいてくれる人。
    華子がよっかかってるように見えて、実は持ちつ持たれつだったり。
    そーゆーふたりを見てると、やっぱり家族って特別なんだなーって思います。うらやましい。


    雪村さんと付き合って変わっていく冬治も良かった。
    大学院のことでけんかしてるとことか、きゅんきゅんでした。

  • 冬冶にしても、雪村さんにしても、
    あの卑屈なところが自分と重なる(笑)。

  • 途中までいい感じだったのに、尻すぼみ。残念。

  • 意地が悪くて親切な双子の姉を持つ大学生の話。

    さすがに、ささくれ立っているからといってTシャツに「LOVE&PEACE」と書いているだけでドーナッツを投げつけちゃいけないと思う。
    通りすがりの他人に。

  • 凄く面白かったけど、最後のトウジの判断は私だったら反対する。

  • 特別に劇的なことが起こるでもなく、特別に劇的な過去を持つでもない、双子の姉弟という以外は特に変わったことのない人たちの、何気ない日常のお話。
    社会に出るまでの、誰もが経験する「特別な時間」をすくいとったら、こんなに何気ないけどキラキラした青春恋愛小説になりました・・・という感じで、さわやかな読後感が結晶のように残った。
    学生時代、モラトリアムの期限が見える頃の焦りや不安、切なさを思い出しました。

全298件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

クローバーのその他の作品

クローバー (角川文庫) 文庫 クローバー (角川文庫) 島本理生
クローバー (角川文庫) Kindle版 クローバー (角川文庫) 島本理生

島本理生の作品

ツイートする