クローバー

著者 :
  • 角川書店
3.58
  • (108)
  • (260)
  • (349)
  • (36)
  • (1)
本棚登録 : 1419
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 島本さんの作品の中ではテンポ良く読める作品だと思いました。恋の事、双子の兄妹の関係の事、進路の事。これから先、どんな選択をするのかは本人次第。何が本人に良いとか悪いのではなく、選択したらそれが正解と言える人生にすべきなんですよね、きっと。

  • この人の小説は、年代が同じせいか共感できる部分が多い。
    冬冶の進路に悩む部分などは自分も一緒になって悩んでしまった。

    ラストはえ~~!
    そうしたのか、と自分とは多分違う選択肢でしたが・・・

    まぁ、それも彼の人生。

    ほんわか、ふんわり、軽く読むのには良かったです。
    こころがあったかくなりました。

  • 最初のほうで父・姉・僕に母が加わって
    クローバー云々という描写があったので、
    家族の話かと思っていたら、恋愛小説でした。
    そういや、オビにもそう書いてあったしね。

    他の方々のレビューにも見られましたが、
    このラストはどうなんですかねぇ。
    私はいまいち読了感がすっきりしませんでした。
    ラストぎりぎりのところまでは
    面白かったんだけどなぁ。
    どうしてラストはああいう方向にいったのか。
    自分の将来を変えてでも
    そばにいてあげたい人はもちろんいるでしょうが、
    最後だけ登場人物が別人に見えました。

  • 華子と冬治と雪村さんの話
    華子みたいな子、友達にいたら楽しいだろなー♡
    でも冬治のなよなよさにいらつく

  • <主な登場人物>
    冬治…華子の双子の弟。
    華子…華美な服装をした、合コン大好きな女子大生。
    熊野…華子にぞっこんの公務員。

    <あらすじ>
    美人な母を持ちながら、容姿はいまいちな父親に似た双子の姉弟。
    彼らのモラトリアムとその終わりの物語。


    かれこれ3ヶ月以上も前に読んだ本。
    読みながら結構笑っていたような気がする。
    軽妙な文体が中村航に似ていると思った。

    人間は人生の必要な時期に、必要な人間としか出会わないし、
    そこで色々と学びつくして一緒にいることの意味がなくなれば
    遠ざかっていくのは仕方ない。
    それは地面に生えている木が枝を伸ばして葉を付けて
    最後に落とすのと同じくらいに自然なこと

  • 人は見かけによらない。

    優しそうに見えて実は残酷だったり、傲慢に見えて中身はいっぱいいっぱいだったり、無神経に見えて痛いほど思いやりがあったり、コンプレックスいっぱいだけど人一倍求めていたり。

    そんな人たちがたくさん、出てきます。

    人は見かけによらないもの。
    自分がこうありたい、と思うイメージと、ほんとうの姿、さらには人から見えるイメージ、この3つがみんなバラバラなのが、ふつう。それで悩んだり、苦しんだり。

    このお話には、そういうことについて、すべて受け入れて抱きしめてくれるような、温かさを感じます。

  • 依存しあいっこの双子が大人になる話。

    20111112

  • 大好きな島本理生さんの新作。
    男女の双子、姉の恋愛体質で美意識をつねにもち、不安定で天真爛漫な華子、そしてその姉に振り回され物事を考えすぎてしまう理系な弟、冬治。
    正反対な性格だけど顔はそっくりで常に一緒な双子の兄弟。

    私はすごい華子に似ていると、そしてわたしの三つ下の弟は優しすぎる冬治に似ていると感じた。

    従兄弟の史弥のはなしは具体的には書かず読者に読ませるような書き方なのか何度もおなじところを読み直したりした。

    そしてラストの冬治と雪村さんの関係も上に同じで直接的な表現ではなく関節的な表現が多かった

    カバーの美しさとあたたかさも綺麗だけどナラタージュがわたしの中で最高だと思ってしまったためちょっと足りない感は否めなかったです

    なんか疲れたときに読みたい本。あたたかいはなしです

  • 割と面白かったです。
    後半は予想できる展開だったり
    ちょっとイマイチになりましたが…。
    双子の姉の華子のキャラは好印象。
    逆に主役の冬冶は、はっきりしなくて
    好きじゃないなー。

全298件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

クローバーのその他の作品

クローバー (角川文庫) 文庫 クローバー (角川文庫) 島本理生
クローバー (角川文庫) Kindle版 クローバー (角川文庫) 島本理生

島本理生の作品

ツイートする