クローバー

著者 :
  • 角川書店
3.58
  • (108)
  • (260)
  • (349)
  • (36)
  • (1)
本棚登録 : 1419
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 双子の姉弟が紡ぐ青春の一ページ。

    淡い物語の中に1つ1つの個性がある。
    姉の華子は現代的で少し我が強い。だが、物事を客観的に見る強さはある。
    反対に弟の冬治は、どこか儚げな理想主義者。姉に振り回されつつも、結局は姉に助けられている。

    その双子のアンバランスさが1つの相乗効果で、物語を1つ1つ彩っている。
    劇的なことは起こらない。
    極普通の大学生の日常を描いていて、スッと胸に馴染む。
    雪村さんや熊野さんなど、脇を固める登場人物も良い。

    等身大の青春物語であり、文章に瑞々しさがあって好感が持てた。

  • 島本理生あんまり苦手ジャンルかと思ってたけど、なんかとってもいい人な感じ。華子のキャラがいい。

  • パンとサラダが食べたくなる。おいしーいパン

  • うーむ。
    ちょっと釈然としないというか、
    支え合うべき相手を見つけたということは、
    すごく素敵なことなのだと思うし、
    結局、選択するのは自分だとも考えているから、結末自体に異論はない。

    ただ、なんというか…、理解しにくい科白が多かったなぁ。
    主人公の思考が頭に入りにくいというか…
    あー。
    これが、感情移入ができなかったということか。

    熊野さんが好き。
    やっぱり、男のひとは包容力がその魅力でしょう。
    (ワタシ、華子タイプだよなぁ・・・弟はべらせてたし;

  • ストーリーはなんてことないけど、登場人物が良かった。
    華子も冬治も熊野さんも雪村さんも魅力的だった。
    冬治の告白?のシーンはなんだか青春っぽくていいなぁ、って気持ちになった。
    ラストはいまいち。
    装丁が好き。

  • 最初らへんに「我が家は母が加わることによって華やかになる」みたいなことが書いてあって、それでクローバーっていう題名なのかなーと思ってたけど全部読み終わった後にはなんで題名がクローバーなんだろうって気持ちになりました。家族の話かと思ったけれども最後らへんは冬治の恋愛の話が大半を占めてたし。
    なんだか最後、大学院に行くか就職するかでモヤモヤっとしたけれど最終的にちゃんとした結果が出てよかったです。スッキリという感じではないけれど。
    あと、華子ちゃんの就職の話を読みながらこんな都市伝説あったなぁと思いだしました。他社のお菓子メーカーの歌を歌ってしまったやつ。その都市伝説を知ったときは、ただの都市伝説だと思っていたけれどこの本を読んで、その臨機応変さがかわれたんだなぁと今さらながらに理解しました。

  • 華子と熊野氏の関係がわりとすきだ。彼女らの話をよみたい

  • 大学生の双子の姉弟の弟が語り手で、
    ふたりの恋愛のお話。

    何事にもフラットで、
    肝心なところで頼りになって、
    ここぞというときに無能な男の子って、

    女子はすきだよなあと、言うか、

    あたしがすきなんですが。

    だから、冬治くんみたいな弟がいたら、
    あたしも華子みたいに手放せなくなりそうだと思いました。

    しかし、結末には納得がいかない。

    雪村さんが冬治くんを引き止めること言うのも、
    そういう雪村さんを支えようとする冬治くんも、

    現実的な弱さではあるけども、
    そういう馴れ合いは現実だけでいい。

    物語くらい、強いふたりで終わってほしかったな。

    しかし、またしても史弥みたいなのが出てきて、
    やっぱりあたしの煩悩はそういうの引き当てるのに長けてきたような気がします…苦笑

  • 人間は人生の必要な時期に、必要な人間としか出会わないし、
    そこでいろいろと学び尽くして一緒にいることに意味がなくなれば遠ざかっていくのは仕方ない。

    それは地面に生えている木が枝を伸ばして葉を付けて最後に落とすのと同じくらいに自然なことで、お父さんは一度もお母さんを束縛したり、引き留めたりしたことはないよ。最終的にはお母さんのほうから謝ってきて、まあ多少はガタガタしたけど、一、二年くらいかけて落ち着いたからな

    必要な時期に、必要な人としか出会わない。
    そうだよなぁ~とここ最近の出来事から、しみじみと実感した。

    華子と冬冶の関係って、なんかステキ!

  • ほっこり(´ω`)

全298件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

クローバーのその他の作品

クローバー (角川文庫) 文庫 クローバー (角川文庫) 島本理生
クローバー (角川文庫) Kindle版 クローバー (角川文庫) 島本理生

島本理生の作品

ツイートする