クローバー

著者 :
  • 角川書店
3.58
  • (108)
  • (260)
  • (349)
  • (36)
  • (1)
本棚登録 : 1419
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワガママで思いこみが激しい、女子力全開の華子。双子の弟で、やや人生不完全燃焼気味の理科系男子冬治。

    う~ん……
    登場人物に魅力が感じられません。
    やりたい放題の華子。ウジウジ系冬治。熊野さんも、雪村さんも……。残念!

  • 恋愛や進路に悩む、双子(姉弟)の話し。自由奔放の華子とは真逆の冬治。

    冬治のウジウジっぷりにやきもきするけど、華子の潔さに救われる。

    双子の父親の台詞。

    『人間は人生の必要な時期に必要な人としか出会わない。』

  • 華子と自分が似てる気がする。
    気が強いくせに寂しがり。
    いつも守ってくれる人を探している。
    自分を傷つけない人を見極める目に長けている。
    容姿に自信がないから努力してるっていうのもだ。

  • 華子と冬治と雪村さんの話
    華子みたいな子、友達にいたら楽しいだろなー♡
    でも冬治のなよなよさにいらつく

  • 大学生の双子の姉弟の弟が語り手で、
    ふたりの恋愛のお話。

    何事にもフラットで、
    肝心なところで頼りになって、
    ここぞというときに無能な男の子って、

    女子はすきだよなあと、言うか、

    あたしがすきなんですが。

    だから、冬治くんみたいな弟がいたら、
    あたしも華子みたいに手放せなくなりそうだと思いました。

    しかし、結末には納得がいかない。

    雪村さんが冬治くんを引き止めること言うのも、
    そういう雪村さんを支えようとする冬治くんも、

    現実的な弱さではあるけども、
    そういう馴れ合いは現実だけでいい。

    物語くらい、強いふたりで終わってほしかったな。

    しかし、またしても史弥みたいなのが出てきて、
    やっぱりあたしの煩悩はそういうの引き当てるのに長けてきたような気がします…苦笑

  • 冬治くんが選んだ道が気に入らない
    でも人を本気で愛したら
    こういう結果になるのかな…

  • ちょっとコバルト文庫みたいな雰囲気

  • 歯切れが悪くて、決断力がなくて、やさしい。
    そういうひと苦手だから、感情移入できなかったな。

    大学生の双子の姉弟をとりまく、不器用な恋の話。

  • 好みじゃなかった笑
    すみません

  • 短編集だと思ったら長編作。

    華子が主人公だと思ったら冬治が主に。

    色々定まらない作品です。

    しかし、大学生の私には分かる部分があったり。。
    残りの大学生活と、将来のことで優柔不断な冬治の気持ち、分からなくもない。
    どうしたって華子にはなれないから、ちょっとひがみます。
    大学なんてきっとこんな風にほわわんと過ぎるんでしょうね。


    最期の締め方がどたばたしてるのと、熊野さんが後半、やたら公務員を推すのが納得いきませんでした。別にそこまで推さんでも…。

著者プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

クローバーのその他の作品

クローバー (角川文庫) 文庫 クローバー (角川文庫) 島本理生
クローバー (角川文庫) Kindle版 クローバー (角川文庫) 島本理生

島本理生の作品

ツイートする