秋月記

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.69
  • (25)
  • (41)
  • (53)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 252
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739214

作品紹介・あらすじ

福岡藩の支藩、秋月藩で、馬廻役・間小四郎は、若者らしい正義感から、長く藩政を牛耳ってきた家老・宮崎織部の糾弾に加わり、仲間と共にその排除に成功する。しかしその裏には福岡藩の策謀が・・・。書き下ろし!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 九州の小藩、秋月藩で専横極める家老を糾弾すべく間小四郎は仲間と立ち上がり家老の排除に成功。しかしその裏には本藩福岡藩の策謀があった。
    専横排除のために戦った仲間も現実を知り自らの力の限界を知らされ、また圧力に屈し保身に走っていく。

    正義を貫こうとする心意気は、歳をとるとともにあるいは立場によってともすれば萎えて事なかれという気持ちになりがちで、それでも頑張ろうとする者は周囲から浮いてしまうことがある。
    私達の平凡な人生でも、悪さも一緒だった竹馬の友、馬鹿騒ぎをしたり、反体制デモ、シュプレヒコールをともに叫んだ学友も妻を娶り子をなし、仕事もそれなりの地位を得れば良くも悪くも皆落ち着いてくるもの。

    そんな中にあっても幼少期に妹を死なせた後悔ゆえに「逃げない男」になると決めた小四郎は本藩に取り込まれぬように奮迅する。

    人はなんのために生きるのか、様々な選択肢はある。
    小四郎のそれは正しく生きている人間が幸福に生きていかれる世の中になるべく命がけで働く事だったのだろうか。
    そして彼は妻に「この世の一番の悪は怠けだ」と語る。

  • 福岡藩から分かれた小藩・秋月藩。
    内部の対立や福岡との駆け引き。
    汚名をきて追放される家老の真実とは…?
    正統派でがっちり描かれています。
    筑前秋月藩士・間余楽斉(はざま・よらくさい)が59歳で幽閉されるが、恬淡とした様子。
    臆病者だったので、肩の荷が下りたと…
    幼い頃は小四郎、兄と違い、気が小さく、かって犬にほえられて立ちすくみ、妹を助けに戻れなかった悔いがあった。
    やがては豪腕をふるう家老を追い落とす一派の立役者となっていくのだが、さらに後には自分が同じような悪役をおわされる…皮肉というのか?
    藩の苦しい経営や勢力争いはサラリーマン向きの内容?
    要所要所にはチャンバラも。ばらばらになっていた旧友が駆けつける所など、盛り上がります。

  • 今回も葉室節を堪能。 人に知られずとも、やるべきはやる。 でも、もともと強かったわけではない。 後悔からはじまったもの。 詩のように生きれたら。

  • 藩のことを思って行動しても憎まれ役。
    憎まれ役に徹したら遠島流し。
    負の連鎖。報われない。
    「豈(あに)世人の知るを願わんや」

  • ちょっと、いま一つでした。

    ドラマがなく、淡々として、あるがままの記録という感じですね。
    とても読みやすい文章なので、残念です。

  • 直木賞作家葉室麟氏の作品「秋月記」を読了。九州筑前の小藩秋月藩のために人生を捧げた男間小四郎の物語である。

     藩の家老の専制政治に異を唱え仲間とともに家老を追い落とすのだが実はその本藩福岡藩の策謀にはまっていた事に気付く。その後は仲間とともに昇進し、本藩が実権を握るべく様々な罠をかけてくるなか実直に、本筋をとおし小藩ながら独立した藩として運営を成功させる。しかしその強い思い故についには追い落とした家老と同じ立場に上りつめながらも最後には追い落とした家老と同じく専制政治を責められ島送りとなる。本当に筋を通しまくった今はこの日本では絶滅危惧種となった腹の据わった男の生き様が描かれている素晴らしい歴史小説だ。

     この男の生き様をどう感じるかは読む人の組織の中での生き方に大きく関係するだろう。筋を通して権謀術数などを駆使せず本筋にそった動き方をするのか、流されて行くのかだ。まあそんなうがった読み方をしなくても、緻密に練り上げられた歴史小説の名作として江戸の男達の生き様を楽しめる小説としておすすめも出来る名作だと思う。

     そんな久々に胸のすくようないい男の物語を読むBGMに選んだのはPeter Erskineの"As it is ". マイナーなECMアルバムだがECMっぽさはやはり半端ない。
    https://www.youtube.com/watch?v=LV5xp_6VKSI

  • 武士の生き様。
    若き日の志と歳を重ねて知ること。

    静かな中に、一人の人物の佇まいがうまく描かれている。

  • 大義とは

  • 秋月藩をおもう武士、間小四郎の生涯。生き方。

  •  図書館より
     秋月藩の武士間小四郎の半生を描いた歴史小説。

     武士としての藩を思うまっすぐな生き様、藩をめぐる様々な陰謀や敵、武士同士の友情と運命の交叉、芯が強く優しい女性陣、チャンバラシーンと武士を扱う小説のほしい要素がすべて詰め込まれていたと思います!

     史実をもとにした小説なので、歴史の流れを追うハイライト的な話の筋になるのではないか、とも読んでいるときは思ったのですが、全然そんなことはなかったです。どのエピソードも主人公を中心にしっかりとスポットを当てられていて、史実に物語がしっかりと肉付けされているように思いました。

     文章の安定感もぴか一!いつまでも読んでいられる、とまで言ったら言い過ぎかもしれませんが、素人の自分でもこの文体は良いなあ、と思ってしまいました。

     この本は全ての役目を終えた小四郎の回想から始まります。プロローグでは小四郎はそのことに関し「安堵の想い」と語っているのですが、全て読み終えた後だと、この言葉が本当に実感を持って心に迫ってきました。運命の皮肉に踊らされても決して腐ることなく、藩のための行動をとり続けた小四郎の生き様に本当に素晴らしかったです!

全51件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葉室 麟(はむろ りん)
1951年1月25日 – 2017年12月23日
福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て小説家に。2005年に短編「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞受賞(のち単行本化)、2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞受賞。
上記以外の代表作に、2018年9月に岡田准一主演で映画化される『散り椿』、第22回山本周五郎賞候補及び第141回直木賞候補だった『秋月記』がある。

秋月記のその他の作品

秋月記 (角川文庫) 文庫 秋月記 (角川文庫) 葉室麟
秋月記 (角川文庫) Kindle版 秋月記 (角川文庫) 葉室麟

葉室麟の作品

ツイートする