握りしめた欠片

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.91
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739863

作品紹介・あらすじ

七年前、正平が十歳のときに、当時、高校二年生だった姉の美花が失踪した。以来、家族はバラバラになってしまった。父は休職しながら市内の駅前で人捜しのビラを配り、母は噂や占いを頼って日本各地を放浪中。高校生になった正平は、父親の会社の関連施設でアルバイトをしながら、ビラ配りを手伝い、姉の行方の手がかりを探している。デビュー作『愛こそすべて、と愚か者は言った』で描いた街・海斗市を舞台に、再び親子・家族の絆を問う傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 七年前、正平が十歳のときに、当時、高校二年生だった姉の美花が失踪した。以来、家族はバラバラになってしまった。父は休職しながら市内の駅前で人捜しのビラを配り、母は噂や占いを頼って日本各地を放浪中。高校生になった正平は、父親の会社の関連施設でアルバイトをしながら、ビラ配りを手伝い、姉の行方の手がかりを探している。デビュー作「愛こそすべて、と愚か者は言った」で描いた街・海斗市を舞台に、再び親子・家族の絆を問う傑作。 というのが、アマゾンに出ていたあらすじ。著者の作品を読むのは、「愛こそは・・・」と「償いの椅子」に続いて3作目。どこか北方謙三の「約束の街」シリーズの雰囲気も漂わせるのだが、期待はずれでした。

  • こういう小説をハードボイルドと言うのだろうか。淡々と物語は進んで行き、主人公(物語の中心)もコロコロと変わる感じ。登場人物が多く、その設定(ヤクザ?元ヤクザ?)なども馴染みがないため物語にのめり込めない。ミステリー物をほとんど読んだ経験がないのでこういう感じは自分には合わなかった。著者の別作品を読んでみてから再びこの本を手にしてみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

握りしめた欠片のその他の作品

沢木冬吾の作品

ツイートする